保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険料が決まる要素 > 【テレマティクス保険】東京海上日動火災「ドライブエージェントパーソナル」

【テレマティクス保険】東京海上日動火災「ドライブエージェントパーソナル」

German family car isolated on white
 

テレマティクス保険

テレマティクス保険の発表が続いています!!
2017年は本格普及の年になりそうです!!

 

テレマティクス保険

テレマティクスは、通信とITを結び付けた造語で自動車の運転状況を収集・評価して個人ごとに事故リスクを求め保険料に反映するのがテレマティクス保険です。

テレマティクスで以下のような自動車運転情報をスマフォやドライブレコーダーで収集し、運転特性を求め、運転特性に応じて保険料の割引やキャッシュバックされます。

 

欧米では普及が進んでいて2020年には、自動車保険の約3割を占めると予想されています。
アメリカでは、2010年頃から始まりましたが、2013年からは年平均伸び率が90%を超えているとのことです。

日本ではソニー損保が2015年2月に「やさしい運転キャッシュバック型」が発売され、今年(2017年)には各社で発売され本格普及の年になりそうです。

 

以下のテレマティクス保険や保険情報を紹介しています。

今回は、東京海上日動火災「ドライブエージェントパーソナル」を紹介します。

 

東京海上日動火災テレマティクスサービス「ドライブエージェントパーソナル特約」

この特約は、テレマティクスを活用して事故発生時に自動連絡するサービスです。
自動車に取り付けた専用ドライブレコーダーで強い衝撃を感知すると専用窓口などに自動連絡します。
このドライブレコーダーには、前方の映像をフルHDの高画質で常時録音し保存され、約4時間録画が可能とのことです。

この特約の保険料は、月額650円で以下の3つのサービスを利用できます。

 

■ 高度な事故対応サービス

事故時に以下の連絡を行います。

 

■ 事故防止支援サービス

以下のサービスを活用できます。

 

■ 安全運転診断サービス

テレマティクスで収集した運転特性をもとに専用の安全運転診断レポートを契約更新時に提供されます。
提供される安全運転レポートを見て、自分の運転特性を知り、問題点を認識・注意することで、さらに安全運転に務めれます。

 

テレマティクス保険

保険料が安くなるだけでなく安全運転にも寄与できます!!
評価が良くなくても保険料が上がることはなさそうです!!

 


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-10-13

2017-09-28

2017-09-20

2017-09-12

2017-08-29

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH