保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 車両保険の補償 > 高額な賠償額(相手への補償)

高額な賠償額(相手への補償)

相手の損害と賠償額の考え方

自動車事故により相手に損害を与えた場合には、過失割合(自分にどれだけ非があったか)に応じて賠償責任を負うことになります。
たとえば、相手に100万円の損害を与えてしまい、自分の過失割合が6割であった場合は、60万円を負担することになります。

高額な賠償額(相手への保障)

 

対人賠償と対物賠償

自動車事故で負うことになる賠償責任には、大きく分けて対人賠償と対物賠償があります。
対人賠償には、相手を負傷させた場合の治療費、そのケガで仕事ができなかった期間の休業補償、慰謝料などが含まれます。
また死亡させた場合には、逸失利益、慰謝料などが含まれます。
対物賠償は、相手の自動車の修理代、店舗や家屋の修理代などと共に、壊してしまった積荷や商品の損害、店舗が休業を余儀なくされた場合の休業補償などが含まれます。
したがって、自動車保険の対人賠償保険、対物賠償保険に加入する場合には、それらの損害賠償額をカバーできるだけの保険金額で加入する必要があります。
交通事故により、対人、対物でどれだけの損害が発生するか、実際の裁判の判例を見てみましょう。

 

人身事故の高額損害額と対人賠償保険の保険金額

損害保険協会発行のファクトブックに、人身事故において高額損害額が認定された裁判の判例が紹介されています。

人身事故の高額判決例

認定総損害額 裁判所 判決年月 被害者性年齢 被害者職業 被害態様
5億2,853万円 横浜地裁 2011年11月 男 41歳 眼科開業医 死亡
3億9,725万円 横浜地裁 2011年12月 男 21歳 大学生 後遺障害
3億9,510万円 名古屋地裁 2011年2月 男 20歳 大学生 後遺障害
3億8,281万円 名古屋地裁 2005年5月 男 29歳 会社員 後遺障害
3億7,886万円 大阪地裁 2007年4月 男 23歳 会社員 後遺障害
3億6,750万円 大阪地裁 2006年6月 男 38歳 開業医 死亡
3億6,551万円 仙台地裁 2009年11月 男 14歳 中学生 後遺障害
3億5,978万円 東京地裁 2004年6月 男 25歳 大学研究科 後遺障害
3億5,618万円 名古屋地裁 2012年3月 男 25歳 美容室店長 後遺障害
3億5,332万円 佐倉支部 2006年9月 男 37歳 アルバイト 後遺障害

                     ※損害保険協会「ファクトブック2014」より

このように対人の損害額は非常に高額な判決が出る例があります。
上記総損害額は、過失割合を考慮する前の金額なので、被害者側に過失があれば、その分は減額されますが、それでも億単位になることは容易に予想できます。
もちろん、100%過失があれば全額の賠償責任を負うことになります。
したがって、対人賠償保険は原則、無制限で加入するのが基本となります。

 

物損事故の高額損害額と対人賠償保険の保険金額

損害保険協会発行のファクトブックに、物損事故において高額損害額が認定された裁判の判例が紹介されています。

物損事故の高額判決例

認定総損害額 裁判所 判決年月 被害物件
2億6,135万円 神戸地裁 1994年7月 積荷(呉服・洋服・毛皮)
1億3,580万円 東京地裁 1996年7月 店舗(パチンコ店)
1億2,037万円 福岡地裁 1980年7月 電車・線路・家屋
1億1,798万円 大阪地裁 2011年12月 トレーラー
1億1,347万円 千葉地裁 1998年10月 電車
6,124万円 岡山地裁 2000年6月 積荷
4,141万円 大阪地裁 2008年5月 積荷
3,391万円 名古屋地裁 2004年1月 大型貨物車・積荷
3,156万円 東京地裁 2001年12月 4階建ビル
3,052万円 東京地裁 2001年8月 店舗(サーフショップ)

                  ※損害保険協会「ファクトブック2014」より

対人賠償の総損害額ほど多くはありませんが、対物賠償でも億を超える損害が認定されるケースがあります。
それは、トラックの高価な積荷や店舗の休業補償などを含めた損害の場合です。
対物賠償というと、どうしても車同士の事故での相手の自動車をイメージしがちですが、上記のように必ずしも相手の車だけが対物賠償の対象ではありません。
ニュースなどでも、お店に車が突っ込んだという事故を目にすることが時々ありますし、実際にそのような事故を起こしてしまう可能性もあります。
そのことをふまえて対物賠償保険に加入するとよいでしょう。 
保険金は最低でも1億円くらいにはしておいた方が安心ですし、保険料に特別大きな差がなければ、対人賠償保険と同様に無制限にしておくのが一番安心です。

 


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-10-13

2017-09-28

2017-09-20

2017-09-12

2017-08-29

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH