保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険の知識 > 【テレマティクス保険】あいおいニッセイ同和損保「つながる自動車保険」

【テレマティクス保険】あいおいニッセイ同和損保「つながる自動車保険」

photo_1208
 

テレマティクス保険

安全運転への意識・設備が高まり普及が見えてきました!!
運転データに応じて保険料が最大20%割引になります!!

 

テレマティクス保険

テレマティクスは、「テレコミュニケーション(通信)」と「インフォマティクス(情報処理技術)」を組み合わせたことばです。

テレマティクス保険は、テレマティクスの応用で事故の減少を予測し、事故の減少により保険金の支払いが減ることから保険料を割り引く保険です。

テレマティクス保険は海外で普及が先行し日本ではこれからというところですが、これから(2017年あるいは2018年)普及しそうです。
テレマティクス保険については、以下で紹介しています。

 

現時点(2017年8月)では、試行や準備中で本格発売は2018年1月になりそうです。
その中で、2015年2月から発売し、以前紹介したあいおいニッセイ同和「つながる自動車保険」について、補償内容や保険料について改めて紹介します。

 

あいおいニッセイ同和損保「つながる自動車保険」

「つながる自動車保険」は、トヨタ自動車の新しいカーナビゲーションシステム「T—Connect」ユーザ向けの保険です。
「つながる自動車保険」と「T—Connect」の概要については、カーナビから走行情報を取得するテレマティクス保険が発売で紹介しています。

 

「つながる自動車保険」は、T—Connectナビからスマホまたは搭載された通信モジュール「DCM」で自動車運行情報や走行距離情報を取得し、安全運転アドバイスや走行距離に基づいて保険料を決める保険で、以下の特徴を持ちます。

 

■ つながるから安心

事故報告は、つながる自動車保険専用事故受付ディスクにワンタッチで通報できます。

 

■ つながるから安全

運転の時間帯、エンジン始動から停止までの走行距離・時間、燃費等のデータを基に安全運転のアドバイスが提供されます。

 

■ つながるからお得

基本保険料に実際の走行距離1km単位で保険料分を加えて、合理的でムダのない保険料になります。
走行距離が多くなっても年間保険料に上限が設定されているので上限までの保険料になります。

 

走行距離と保険料の目安

走行距離に応じた年間保険料の目安を以下に示します。
年間走行距離の上限は2万kmで上限を超えると保険料は、2万kmの保険料のままです。
全く走行しない場合の保険料は、上限保険料に比べて約30%引きとなります。
走行距離に応じて保険料は、上限保険料の70%〜100%になります。

 

■ 条件・補償内容

保険料の元となる条件と補償内容の例を以下に示します。

 

■ 保険料の目安

上記条件・補償内容のケースの保険料の目安を以下に示します。

年間走行距離 4,000km 12,000km 20,000km
基本保険料(定額) 93,120円 93,120円 93,120円
走行分保険料 7,200円 21,480円 35,760円
年間保険料 100,320円 114,600円 128,880円

 

テレマティクス保険

安全運転・装置で事故減少と保険料の割引が期待できます!!
自動ブレーキ・自動運転で保険料の安い時代が来そうです!!

 


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-09-20

2017-09-12

2017-08-29

2017-08-23

2017-08-16

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH