保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険の知識 > 保険加入手続き

保険加入手続き

自賠責保険の加入手続き

自賠責保険は法律で加入が義務づけられた自動車保険です。
そのため、車検のときに自賠責保険証明書が必要となり、通常は自賠責保険の保険期間は車検期間とあわせることになります。
また所有している自動車を売ったり、中古車を買ったりすると、自賠責保険は売買される自動車について移動していきます。

このような理由から、通常、自賠責保険に加入するのは新車の購入時か車検のタイミングということになります。
そのため、自賠責保険の加入は新車を購入するときに販売店で、あるいは車検のときに車検業者(販売店、ガソリンスタンド、カー用品店、車検専門業者など)でするのが普通です。

したがって、自賠責保険の加入手続きは、自動車の購入手続き、車検手続きとともにすべて販売店や車検業者がやってくれますので、私たちが何か手続きをするということはありません。
書類の記入等も原則しないことが多いと思います。

特別な事情があって、自動車の販売店や車検業者以外から自賠責保険に入りたい場合は、その旨を伝え、手続きの確認をしましょう。

保険加入手続きー引出し1

 

任意保険の加入手続き

任意の自動車保険は自分の判断で入るものなので、自賠責保険と違い自分で手続きをすることになります。
また任意保険は、途中で車を買い替えた場合、自賠責保険のように保険が自動車についていくのではなく契約者に残るため、自動車の変更手続きを取る形になります。

なお、自動車保険の見積もりにあたっては、自動車の型式や初度登録年月日、車検の有効期間などの情報が必要となります。
車検証を用意して確認しながら見積もるようにしましょう。
そのほか、運転免許証や現在加入中の任意保険がある場合はその契約内容を確認できる書類があるとよいでしょう。

保険加入手続き−引出し2

 

■ 大手損保の場合

大手損保の任意保険に加入する場合は、通常、その損保の代理店で加入することになります。
はじめて自動車を買う場合であれば、自動車販売店が損害保険代理店になっていますので、
そのまま販売店で相談して加入するケースが多くなっています。

保険加入手続き

 

■ ダイレクト損保の場合

ダイレクト損保の場合は、インターネットで補償内容やサービス内容を確認して見積もりをして申し込むか、電話で保険相談をしながら見積もりをしてもらい申し込むという流れになります。

保険加入手続き−3

ダイレクト損保の場合、各損害保険会社のWebサイトで見積もり申込みをしますが、複数の保険会社の保険を比較したい場合は、自動車保険の一括見積サービスを利用するとよいでしょう。
一括見積サービスでは、自動車や補償内容について一度の入力で数社の自動車保険の見積もりを取ることが可能です。見積もり内容を確認して加入する保険会社を選んだら、その保険会社の申し込みページで契約内容の確認をして申込みます。

ダイレクト損保では、インターネットからの申し込みだけでなく、電話で補償内容について相談しながら申し込むことができます。

ダイレクト損保では、インターネットから申し込んだ場合にインターネット割引が適用される場合がありますが、電話から申し込んだ場合は、この割引は適用されませんので注意しましょう。


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-04-19

2017-04-12

2017-04-07

2017-03-28

2017-03-23

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH