保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 任意保険 > 人身傷害保険

人身傷害保険

人身傷害保険とはどんな保険?

契約した自動車に乗車している人が、自動車事故により負傷したり死亡したりした場合に保険金が支払われる保険です。
契約した保険金額の範囲内であれば、運転者の過失割合にかかわらず損害額全額が補償されます。

保険会社によっては、契約した自動車に乗車中の事故だけでなく、自分や家族が歩行中などに自動車事故にあった場合にも補償されるタイプの人身傷害保険があります。

なお、人身傷害保険は保険会社によっては、人身傷害補償保険という名称のところもあります。

人身傷害保険のタイプ別保障範囲の違い(一例)

タイプ 保障範囲
契約車の搭乗中のみ 契約した車に搭乗中の事故による傷害を補償
他の車の乗車中も含む 契約した車だけでなく、他人の車を運転中の事故による傷害
も補償
歩行中も含む 車の運転中だけでなく、歩行中の自動車事故による傷害も補償

搭乗中に限らず交通事故を幅広く補償するタイプの保険の場合、複数の自動車を保有していてすべての自動車でその保険に加入すると補償が重なってしまいます。
その場合は1台目の車で幅広く補償するタイプの人身傷害保険に加入し、その他の車は搭乗中だけに限定したタイプに加入すると保険料が節約できます。

 

人身傷害保険の補償

人身傷害保険は、設定した保険金額の範囲内で、実際に自分が被った損害の全額が過失割合に関係なく補償されます。
ただし、すでに相手方から賠償金を受け取っている場合は、その額を差し引いて支払われます。

人身傷害保険

上記の例の場合、人身傷害保険や搭乗者傷害保険に入っていないと60万円は自己負担となります。

また、相手方の負担部分40万円についても、相手からすんなり払ってもらえない場合もありますが、人身傷害保険に入っていれば自分の保険で補償されます。
このことは、もし死亡して損害額が高額になった場合で、相手が十分な保険に入っていなかったときなどにとても有効です。

 

人身傷害保険の特徴

人身傷害保険がどのような保険であるかをわかりやすくするために、主な特徴をまとめると以下のようになります。

人身傷害保険の主な特徴
  • 契約した自動車に乗車していて死傷した人すべてが補償される
  • 事故の相手方との過失割合にかかわらず損害の全額が補償される
  • 一人につき、契約した保険金額の範囲で実際の損害全額が支払われる
  • すでに相手の保険から保険金を受けている場合はその分を差し引いて支払われる
  • 契約した自動車の運転中だけでなく、自動車事故について幅広く補償されるものがある
     (例) 他の自動車を運転中、歩行中や自転車の運転中など

 

人身傷害保険で補償されない場合

自動車事故により運転者やその家族が死傷してしまったときに役に立つ人身傷害保険ですが、どんなときにも必ず補償されるわけではありません。
保険がきかない場合があることも理解しておきましょう。

人身傷害保険で保険金が支払われないのは以下のようなときです。

人身傷害保険の保険金が支払われないケース
  • 運転者の故意または重大な過失による場合
  • 運転者の自殺、犯罪、闘争により生じた傷害
  • 無免許運転、酒酔い運転、麻薬やシンナーなどを使用した運転の場合
  • 地震、噴火およびこれらによる津波により生じた傷害
  • 戦争、内乱、暴動などで生じた傷害
  • レースなどによる事故の場合

 

搭乗者傷害保険との違い

人身傷害保険は、自動車に搭乗していた人の傷害を補償するという点で搭乗者傷害保険と似ています。

大きな違いは、休業補償などの損害も含めた実際の損害額が、契約した保険金の範囲内で補償されることであり、そこが一番メリットといえます。


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-10-13

2017-09-28

2017-09-20

2017-09-12

2017-08-29

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH