p5rn7vb

贈与税について


贈与税とは、個人から財産をもらった際にかかる税金のことです。 ちなみに、会社や法人から財産をもらった際には贈与税ではなく、所得税がかかりますので、 どちらにしても税金はかかるんですね。 では、この贈与税を使って、どのように相続税を節税するのかを説明しましょう。 まず、この贈与税の特徴の一つは、毎年1月1日から12月31日までの1年間で財産をもらった金額が110万円以下の場合はかからないという点です。 また、110万円以上の場合は、合計額から110万円を差し引いた残りの金額が課税対象となります。 将来的に財産が残るのがほぼ間違いないようでしたら、この控除枠を使えば、うまく節税できそうですね! 贈与税にも種類はありますが、一般的な贈与税は右の図の通りです。相続税対策で贈与を利用する人が多いと思いますが、贈与税も相続税と同じように、金額によって税率と控除額があります。 今、自分がもしくは親御さんがどのくらいの財産があり、相続人が何人くらいいて、など家庭環境はバラバラです。 どのように節税対策をした方が良いのか?そこについては、保険の専門家に無料相談するのがオススメです。 多くの場合節税対策ができるケースがあります。間違った対策をされないようにお気をつけ下さい。