保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 任意保険 > 無保険車傷害保険

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険とはどんな保険?

無保険車傷害保険は、契約した自動車に乗車している人が自動車事故により負傷したり死亡したりした場合で、事故の相手が自動車保険(対人賠償)に入っていない、または入っていても補償が十分でないときに、相手が負担すべき賠償額分の保険金を支払ってくれる保険です。
支払われる保険金額は自賠責保険の保険金額を超えた部分についてのみとなります。

無保険車傷害保険は、通常、自動車保険に自動的についてくる保険です。

相手の車が無保険車に該当するケース
  • 対人賠償保険を契約していない自動車
  • 対人賠償保険を契約しているが、運転者が契約条件に該当していない自動車
  • 対人賠償保険を契約しているが、その保険金額がこちらの無保険車傷害保険の金額より低い自動車
  • あて逃げなど相手が不明な場合

 

無保険車傷害保険の補償

本来であれば相手方が負担すべき損害賠償額のうち、自賠責保険の保険金を超える部分について保険金が支払われます。
無保険車傷害保険の保険金は、通常、対人賠償保険で設定した保険金額か、対人賠償が無制限の場合は2億円が限度となります。

無保険車傷害保険

ただし、人身傷害保険に加入していて、人身傷害保険で損害を補償できるときは人身傷害保険が優先されます。

 

無保険車傷害保険の特徴

無保険車傷害保険がどのような保険であるかをわかりやすくするために、主な特徴をまとめると以下のようになります。

無保険車傷害保険の主な特徴
  • 事故の相手が無保険または保険が十分でない場合に、契約した自動車に乗車していて死傷した人すべてが補償される
  • 人身傷害保険に加入している場合は人身傷害保険から優先して支払われる
  • 一人につき、実際の損害額(2億円が限度)が補償される
  • 相手の自賠責保険や対人賠償保険等がある場合は、その分が保険金から差し引かれる

 

無保険車傷害保険で補償されない場合

無保険車との自動車事故により、運転者やその家族が死傷してしまったときに役に立つ無保険車傷害保険ですが、どんなときにも必ず補償されるわけではありません。
保険がきかない場合があることも理解しておきましょう。

無保険車傷害保険で保険金が支払われないのは以下のようなときです。

無保険車傷害保険の保険金が支払われないケース
  • 運転者の故意または重大な過失による場合
  • 運転者の自殺、犯罪、闘争により生じた傷害
  • 無免許運転、酒酔い運転、麻薬やシンナーなどを使用した運転の場合
  • 台風、洪水、高潮により生じた損害
  • 地震、噴火およびこれらによる津波により生じた傷害
  • 戦争、内乱、暴動などで生じた傷害
  • レースなどによる事故の場合/li>

 

人身傷害保険との関係

現在では、人身傷害保険が普及してきているため、人身傷害保険で損害を補償できるときは人身傷害保険が優先されます。


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-10-13

2017-09-28

2017-09-20

2017-09-12

2017-08-29

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH