保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 任意保険 > 対物賠償保険

対物賠償保険

対物賠償保険とはどんな保険?

自動車事故により他人の自動車や家、物などを壊してしまい、修理代などの損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険です。
壊してしまったものには信号機や電柱、ガードレールなども含まれます。

対物賠償保険の対象となるのは、契約した自動車を被保険者が運転していて事故が起きた場合となります。
この被保険者には、自動車保険で記名した被保険者とその家族および記名被保険者の承諾を受けて運転をした人が含まれます(運転者限定条件に該当しない人を除く)。

 

対物賠償保険の補償

対物賠償保険は、1回の事故につき、契約した保険金の限度額まで補償されます。
対人賠償保険は被害者1名ごとに限度額まで補償されますが、対物賠償保険では壊した物が一つの場合でも複数の場合でもトータルの限度額は同じです。

保険金額は保険会社によりますが、数百万円から無制限までの範囲で段階的に設定することができます。

対人賠償に比べると億を超える事例は少ないですが、トラックの積荷や店舗を壊したりした場合には高額な補償が必要な場合があります。

物損事故の最高総損害額 2億6,135万円(呉服・洋服・毛皮等の積荷への認定総損害額)

物損事故というと、単なる車対車の事故をイメージして、保険金額は1,000万円もあればいいのではないかと考える人がいますが、高価な積荷を壊したり、店舗を壊して休業補償まで負担すると億単位となることもあるので注意しましょう。

 

対物賠償保険の特徴

対物賠償保険がどのような保険であるかをわかりやすくするために、主な特徴をまとめると以下のようになります。

対物賠償保険の主な特徴
  • 他人の財物に与えた損害を補償する(設定した保険金の範囲で)
  • 壊した物が複数の場合でも、一回の事故で補償するのは契約した保険金額まで
  • 被保険者や運転者、その家族等の財物は補償しない

運転者が自分の物を壊した場合には、対物賠償保険では補償されません。
たとえば、自分の家の車庫に車を入れようとして、自分の家の塀や車庫にぶつけてしまった場合などは、その修理代は補償されませんのでご注意ください。

 

対物賠償保険で補償されない場合

自動車事故により他人の物を壊してしまったときに役に立つ対物賠償保険ですが、どんなときにも必ず補償されるわけではありません。
保険がきかない場合があることも理解しておきましょう。

対物賠償保険で保険金が支払われないのは以下のようなときです。

対物賠償保険の保険金が支払われないケース
  • 運転者の故意により事故が起きた場合
  • 地震、噴火およびこれらによる津波により生じた損害
  • 台風、洪水、高潮により生じた損害
  • 戦争、内乱、暴動などで生じた損害
  • レースなどによる事故の場合
  • 被保険者や運転者、その家族等の財物が壊れた場合

このように運転者の故意や災害などが原因の場合には対物賠償保険の対象外となります。ただし、無免許運転や酒酔い運転による事故の場合には、運転者に重大な問題がありますが保険金は支払われます。これは対物賠償保険が被害者救済のため保険であるからです。

保険金が支払われるケース 無免許運転、酒酔い運転による事故

 


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-12-14

2017-11-24

2017-11-16

2017-11-09

2017-10-30

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH