事故情報
ホーム >>  事故情報 > 事故情報 > 【自動車保険新時代】イベントデータレコーダー(EDR)で事故査定

【自動車保険新時代】イベントデータレコーダー(EDR)で事故査定

Unfall
 

EDR

事故当事者間の証言を中心に賠償責任を確認して保険金を算出!!
今後はEDRのデータをもとに客観的なデータから保険金を算出!!

 

自動車保険会社は、自動車事故時の査定の方式を見直す計画と報じられています。
今までは事故当事者間の証言を中心に賠償責任を確認して保険金を算出していましたが、今後はすでに多くの車種に搭載されているイベントデータレコーダーから得られる客観的なデータで保険金を算出する方向に行きそうです。

 

イベントデータレコーダー(EDR)

イベントレコーダーは、衝突事故の前後の自動車の挙動情報を記憶する装置です。
エアバック制御コンピュータボックスに装着されることが多く、エアバックの普及に連れて装着が進んでいます。
装着場所は、スピードメータなどの表示ボックスの下側に置かれています。
2006年9月から装着が始まり2010年5月末でメーカー5社47車種に搭載されているので、現時点(2017年)ではエアバックの装着されているほとんどの自動車に搭載されているようです。

イベントデータレコーダーは、事故直前(5秒間ぐらい)の以下の情報を記録します。

 

イベントレコーダーは、テレマティクス保険で使われるドライブカウンタや運転のカメラ情報を記録するドライブレコーダーとは別の装置で、飛行機のブラックボックスに近い自動車に最初から装着されている装置です。

 

今後の事故査定方法

今後の交通事故は、近々以下に示す査定方法になりそうです。

この算定方式には、以下のメリットがあります。

 

自動運転時代の事故査定に適用

自動運転時代になると事故発生時(自動運転なので基本的には事故なし)に運転していないので事故の状況をドライバーから聞けないことも考えられます。
このような状況でも、イベントデータレコーダーには、客観的なデータが記録されていて正確な査定につながると期待されています。

自動運転時代の保険は、誰が負担するのかは今後の課題です。
自動運転しないケースも考えられるので、以下の2つの組み合わせになると考えられます。

 

EDR

現在の自動車の多くにも搭載されています!!
事故や故障時の査定にも利用できそうです!!

 


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-11-16

2017-11-09

2017-10-30

2017-10-19

2017-10-13

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH