事故情報
ホーム >>  事故情報 > 安全運転 > 【交差点】ラウンドアバウトの期待

【交差点】ラウンドアバウトの期待

交差点

ヨーロッパやアメリカには円形交差点があります!!
交差点の事故が多いことから事故を減らす仕組みと期待されます!!

円形交差点

円形交差点は,ロータリー交差点とも呼ばれています。

 

交通整理に円形の感情部分を用いる交差点の一種です。

通常、環状部分は一方通行で左側通行の場合は右回り,右側通行の場合は左回りになります。

入り口の部分で、一時停止の標識が設置されたり、交差点内に信号機が設置され交通整理が行われます。

 

ヨーロッパでは,中心部に記念の円形広場が多く作られていることから,円形の交差点から放射状に道路が延びている街を良く見かけます。

 

高速で合流させる場合は,100mを越えるような大きな円形交差点が必要になる。

交通量が多くなるとデッドロックを生じるなどの欠点があることから近年では広がっていません。

 

■  ラウンドアバウト

ロータリー交差点の一種です。

通常3本以上の道路を円形のスペースを介して接続します。

 

信号機を使わない点が特徴で,1905年にニューヨークで作られたコロンバスサークルが最初です。

車両はこの中央島の周りの環状の道路(環道)を一方向に(右側通行なら反時計回り、左側通行なら時計回り)通行します。

 

道路交通法では、ロータリー交差点が認められていましたが,2013年6月4日改正により環状交差点として現代的ラウンドアバウトが認められました。

 

ラウンドアバウトのメリット

ラウンドアバウトには,以下に示すメリットがあります。

 

日本のラウンドアバウト

2013年2月長野県飯田市の「東和町交差点」が直径30mのラウンドアバウトに生まれ変わりました。

交差点で減速するので安全になったと言う声が多いと言われます。

 

交通量が比較的少なく用地を確保しやすい場所で効果を発揮しやすいことから、ラウンドアバウトは地方都市に期待されます。

交差点

ラウンドアバウトと呼ばれる交差点が日本でも例が出てきました!!
事故が少なく,コストも安く,CO2の排出量の削減も期待されます!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-04-11

2018-03-22

2018-01-31

2018-01-19

2017-12-28

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH