事故情報
ホーム >>  事故情報 > 安全運転 > 【追突事故の撲滅】衝突回避システムの利用

【追突事故の撲滅】衝突回避システムの利用

自動衝突回避

追突事故は運転手の注意だけでは防げません!!
衝突回避システムの利用により追突事故の撲滅が図れる様になります!!

事故例

2014年10月14日、北九州市門司区の関門自動車道上り線の門司IC近くの大久保トンネルで車やトラックなど24台が絡む多重事故が発生しました。

運転手が死亡したので原因の究明は明らかにされていません。

 

原因となる車に衝突開始システムが導入されていれば回避されたかもしれません。

 

衝突開始システムの設置義務

居眠りによる追突事故などを防ぐために大型トラック等には、衝突回避システムが義務づけられるようです。

しかし、新車購入時に限られることや22トン以上の大型車が対象なので効果が現れるには時間がかかりそうです。

 

衝突回避システム

自動車が障害物を感知して自動ブレーキをかけるシステムです。

障害物は、自動車に搭載したレーダーやカメラから情報を得てコンピュータで分析して運転手への警告や自動ブレーキをかけます。

 

トヨタ、ホンダ、日産、富士重工業などほとんどの自動車会社で開発が進められています。

 

国内向け全車種に衝突回避システムを導入

トヨタ自動車は、2018年をメドに国内で販売するほぼ全車種に衝突回避システムを導入すると発表しました。

モデルチェンジにあわせ、2015年から発売する車種から3年後にほぼ全車種に導入されます。

 

トヨタは、2003年から衝突回避システムをオプションとして10万円程度で提供しています。

現在のところでは、プリウスやレクサスなど約15車種に限られています。

 

廉価版と通常版を用意し、廉価版が5万円前後、通常版が10万円以下になると見られています。

自動衝突回避

米国では衝突回避システムの導入が義務付けられます!!
日本でも導入が進み、追突や衝突事故の減少につながります!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-04-11

2018-03-22

2018-01-31

2018-01-19

2017-12-28

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH