事故情報
ホーム >>  事故情報 > 安全運転 > 【高齢者ドライバー】認知症と場合の認定された場合の移動手段

【高齢者ドライバー】認知症と場合の認定された場合の移動手段

AdobeStock_55413237
 

免許返納

16年施行の道路交通法の改定で認知症診断が義務付けられます!!
運転できなくなると病院や生活での移動手段に困るようになります!!

 

医療や生活の利便性を考えて高齢者が都市部に移り住むケースが増えてきています。

しかし、すべての高齢者が都市部に移り住むのは、高齢者それぞれの希望や状況から不可能です。

移動の利便性を高める取組が各地で進められています。

 

オンデマンド乗り合いバス「三重県玉城町の元気バス」

元気バスは、利用者が事前に申し込んだ乗車場所や時間に希望する目的地まで乗車するオンデマンド方式による乗合バスです。

自宅までは迎えに来ないで、町内の乗降場(公民館、ゴミ集積所・リサイクルステーション、病院・診療所、公共施設、一般店舗など)間を乗車します。

平成21年11月から東京大学院との共同研究で実証実験が行われています。

 

ウーバー配車サービス「各地で試行が始まります」

京都市京丹後市で2016年4月からウーバーを使った配車サービスの実証実験が始まります。

ウーバーのスマフォアプリから申し込むと登録している市民ドライバーが迎えに来ます。

初乗り料金は、480円でスマフォも無料で貸出を行うそうです。

ウーバーの配車サービスは、日本では「白タク」として禁止されていますが交通機関が少ない過疎地などでは自治体やNPO管理する場合には営業車でなくても認められます。

タクシー料金の半額ぐらいで利用できるので、交通機関の少ない過疎地での移動手段として期待できます。

 

アメリカフォード「2021年までに完全自動運転車の量産化」

世界中の自動車メーカーで自動運転車の研究が進められていて、車線を移らない高速道路の走行はすでに現実化しています。

アメリカフォードは、2021年までにハンドルやアクセルのない完全自動運転車の量産を始めると発表されました。

自動運転車の配車サービスは、道路交通法から2021年では難しいと予測されますが、交通機関の少ない過疎地では認められる可能性があります。

当面、自動運転車は高価格が予想され過疎地の高齢者が購入できる可能性は少ないと思われますが、自治体やNPOの配車サービスは実現性があります。

 

配車サービス

過疎地の移動手段として配車サービスが期待されています!!
自動運転車による配車サービスも実現性は目前と言えます!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-04-11

2018-03-22

2018-01-31

2018-01-19

2017-12-28

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH