自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > エコカーと技術動向 > 【自動運転】未来のクルマは移動する部屋

【自動運転】未来のクルマは移動する部屋

Peiz78_yurikamomeakatukihutou20141117142532500

 

自動運転

未来のクルマは前を向いて運転でなく部屋での生活になりそうです!!
映画では30年前からありましたが実現はそう遠くないようです!!

自動運転車

自動運転車は、レーダー、LIDAR(レーダーと同じく電波を発信し広い範囲を対象に物体の位置、距離、形状を測定するシステムです)、GPS、カメラで周囲の環境を認識して、目的地を指定するだけで自律的に走行する自動車です。

日本では、道路にマーカーを埋め込み自動運転するIMTS(高度道路交通システムITSの一種)が研究されて来ましたがコストが高く中断しています。

自動運転車の発信地域

2015年、Googleは自動運転車の公道走行実験を始めました。

交通事故で日本では年間約4400人、米国では年間約3万1千人死亡しています。

自動運転車は、運転をしないで楽になるだけでなく事故の減少も大きな目的です。

Googleの自動運転車には、自動車に必須のハンドルやペダルがありません。

ボタンを押せば、目的地まで自動運転で走行します。

Googleの試作車は2人乗りで軽自動車のイメージです。

アップルも電気自動車(EV車)iCarの構想を発表しました。

アップルの株式時価総額は90兆円ですのでトヨタ自動車(株式時価総額は27兆円)の買収も可能で、自動車産業でも大きくなるかもしれません。

自動運転車の今後

自動運転車は、思ったより早く実用化しそうです。

自動車のイメージが変わるのは、早そうです。

自動車会社の自動運転の実用化時期を以下に示します。

 2016年末までに高速道路で一車線での走行、2018年には高速道路での車線変更、2020年に一般道で実用化を計画。

 2013年歩行者の動きを予測して走行する自動運転車を発表しました。2020年までに自動運転車の発売を計画。

 2014年9月、高速道路での高度運転支援システムを公表しました。2010年代後半に搭載した市販車を発売する計画。

 2017年から高速道路や一般道で走行実験を行い、2020年に実用化を計画。

 2020年までに高速道路・一般道での完全な自動運転車を販売する計画。

 2015年1月米国で900kmの自動運転走行を実施。2017年自動運転機能を搭載した高級セダン「A8」を発売する計画。

 2010年代後半には高速道路での自動運転車の実現、2025年ごろ一般道での実用化を計画。

 2017年に高速道路で一部自動化した自動車の販売を計画。

 

自動運転

ハンドルやペダルの無い自動車は、空想の世界でした!!
2017年ごろから一部自動化の自動車が販売されます!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH