自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > エコカーと技術動向 > 【安全運転】車が自分で駐車する自動駐車

【安全運転】車が自分で駐車する自動駐車

駐車

 

自動駐車

車庫入れや狭い道路での駐車は大変です!!
自動駐車や駐車支援が常識になりそうです!!

インテリジェントパーキングアシスト「自動駐車あるいは無人駐車」

インテリジェントパーキングアシストは、車庫入れなどの駐車で必要になるステアリング操作を車両がアシストします。

シフトをバック「R」に入れるだけで駐車枠を認識してまっすぐ入るように自動でステアリング操作を行います。

 

超音波センサーとカメラで駐車空間を検知し駐車位置を設定し、正しければスイッチを押すとバックで駐車するステアリング操作をアシストします。

前進誘導機能も加わり、切り返しを伴う駐車、縦列駐車、縦列出庫などにも対応できます。

アシストだけでなく、海外では無人駐車も発表されています。

トヨタの自動駐車

トヨタ自動車は、車庫入れ時に死角をカーナビに表示する機能やハンドルを自動で切り返し狭い場所での駐車を支援する機能を付けた最上級ミニバン「アルファード」、「ヴェルファイア」を2015年1月26日に発売しました。

日産のSAFTY SUPPORT

車を上空から見下ろしているかのように、直感的に周囲の状況を把握できるラウンドビューモニターを採用しています。

この4つのビューを切り替えることで狭い場所での駐車をサポートします。

さらに、周囲の移動物を検知しディスプレイに表示し、ブザーでドライバーに注意をします。

BMW7シリーズで無人駐車を発表

BMWは、ステレオカメラやレーダーなどを使用してドライバーがいなくても自動運転で駐車する新7シリーズを2015年6月10日に発表しました。

多くの自動車メーカーが運転手を必要としない自動運転に取り組んでいます。

BMWは、その中で先頭を走っていると自負しているようです。

ボルボの自立駐車システム

自動駐車は、車が駐車枠を検知して自動でバック駐車を行います。

ボルボは、ドライバーが降りた後で車が空き駐車場を見つけて駐車し、出庫時も自動的にドライバーの所に走ってくる自動というよりも自立駐車システムを2014年末発売の「XC90」に採用しているそうです。

 

自動運転

自動駐車はEUを中心に海外メーカーが先行しているようです!!
自動運転で米国の衝突事故を90%減らせると言われています!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-20

2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH