自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > お得情報 > 【燃費課税】軽自動車も適用に

【燃費課税】軽自動車も適用に

燃費課税

2015年10月から軽自動車の燃費課税の検討に入ったと報道されました。基準の燃費を超えると3%の自動車取得税がかかるようになりそうです!!

燃費課税

自動車の購入時に燃費性能により税金を決める仕組みです。

普通自動車は、2015年10月の消費税増税にあわせて導入することが決まっています。

軽自動車も燃費に応じて車の購入額の0〜3%の税金がかるようになりそうです。

 

軽自動車の税金

軽自動車の税金は,以下のようになっています。

 

種類 納入時期 現状 2015年4月 2015年10月
自動車取得税 購入時 購入額の2% 購入額の2% 廃止
燃費課税(仮称) 購入時 0から3%の予測
軽自動車税 毎年 7,200円 10,800円 10,800円
自動車重量税 車検時 3,300円 3,300円 3,300円

 

自動車重量税は購入から13年未満でエコカー減税非対象車の場合です。

13年超え18年未満の場合は年3,900円です。

18年超えの場合は,年4,400円です。

自動車重量税の納税時は,車検時なので車検時に2年分の支払いをします。

 

燃費課税は,地方自治体の収入になります。

課税時期は、自動車取得税の廃止と重なるので穴埋めとの批判もあります。

自動車取得税の地方自治体の収入は,年間、約1,000億円です。

この不足分を普通自動車と軽自動車の燃費税で補う予定の様で、あわせた燃費課税も1,000億円になりそうです。

 

その他の税金

上記以外に,取得段階で消費税が課税されます。

また,走行時にガソリン税(あるいは軽油取引税)とその消費税がかかります。

燃費課税

軽自動車も燃費は税金に大きく係ります!!
燃費の良い車を選択する必要が出てきます!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-04-11

2018-03-22

2018-01-31

2018-01-19

2017-12-28

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH