自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > 軽自動車 > 【軽自動車安全基準】自動車アセスメント

【軽自動車安全基準】自動車アセスメント

軽自動車の安全性

道路を走っている車は、すべて国の安全基準には適合しています!!
安全性能について「自動車アセスメント」に公開されています!!

車の安全基準

車の安全基準は、各国で決めています。

日本では、衝突、シートベルト、タイヤなどについて国土交通省で定める約60の審査項目があります。

この安全基準にパスしないと国内で車を販売できません。

これは、各国で共通です。

日本、欧州、オーストラリア、ロシアなどと安全基準を統一する動きがあります。

2016年春に日本の安全基準約60項目の内、40項目を統一しようとしています。

車の安全基準はTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉に一つになっています。

これは、ある条件(一定の販売数)の元では米国の安全基準を日本にも適用する米国の要求です。

日本とアメリカは、道路事情が違うので米国の安全基準を日本でも適用するのは無理があると日本語話では主張し交渉中です。

ただ、日本の安全喜寿は、米国より優れているとも言えないところもありす。

主に車の販売をしやすくしたいという目的ですが、各国の基準統一する動きは悪いことではないと言えます。

自動車アセスメント

 車の安全基準は、車を販売するために必要な基準です。

自動車アセスメントは、自動車ユーザーの安全な車選びをしやすい環境を整えるとともに、自動車メーカーのより安全な自動車の開発を促進することによって、安全な自動車の普及・促進を目的として独立行政法人「自動車事故対策機構」で行っています。

自動車アセスメントは、以下を評価しています。

軽自動車の自動車アセスメント

 以下に自動車アセスメントの結果を示します(数値の大きい方が評価が高い)。

あなたの車の評価は、自動車事故対策機構のHPで確認できます。

メーカー 車種 新安全性能総合評価(点数)
ホンダ N−WGN 178.8
ホンダ N−BOX 157.7
スズキ ハスラー 160.2
スズキ ワゴンR 154.3
ダイハツ タントカスタム 160.5
日産 ディズ 161.8
トヨタ アクア 165.3
ホンダ フィットHYBRID 178.0

軽自動車の安全性

軽自動車は事故に弱いと言われてきました!!
最近、安全な軽自動車が増えてきています!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-04-11

2018-03-22

2018-01-31

2018-01-19

2017-12-28

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH