自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > 軽自動車 > 【トヨタ「パッソ」】軽自動車のノウハウを生かした小型車

【トヨタ「パッソ」】軽自動車のノウハウを生かした小型車

初心者 自動車
 

軽自動車

軽自動車のノウハウを生かしたクルマ作り!!
小型車だけでなく新興国にも期待されます!!

 

軽自動車は、日本だけに通用するガラパゴス「ガラ軽」と言われています。

米国などの先進国や中国市場は、大きめの自動車が求められます。

しかし、小柄な人が多いアジアなどの新興国では大きなクルマよりも安くて小型のクルマのニーズがあります。

このような、新興市場に軽自動車のノウハウが有効で「ガラ携」は無理かもしれませんが、「ガラ軽」は新興国を中心にグローバル展開が期待されます。

新興国だけでなく、特徴のある軽自動車は、先進国でもニーズがあると思われます。

 

トヨタ「パッソ」

トヨタ自動車は、2016年4月12日、小型「パッソ」を全面改良して発売しました。

2016年8月にトヨタの完全子会社になるダイハツが開発から生産までを担当します。

「パッソ」のウリは、ガソリン1ℓあたりの走行距離が最高28kmに伸ばしたのと売れ筋の価格を旧型車よりも4万円下げたことです。

第3のエコカーとして注目されるダイハツ「ミライース」の燃費改良技術の取り入れと部品の共通化を進めて実現できたとのことです。

 

ガソリン車の軽と小型車の燃費のメヤスを以下に示します。

燃費は最高燃費(km/ℓ)です。

モデル名 燃費 排気量 最低価格
トヨタパッソ 28.0 996 115万200円〜
ホンダフィット 26.0 1317 129万9800円〜
日産ノート 26.2 1198 147万8600円〜
マツダデミオ 24.6 1298 135万円〜
ダイハツミライース 35.2 658 76万6286円〜
スズキアルト 37.0 658 84万7800円〜

 

軽自動車は、サイズ、エンジン排気量、乗員定員に制限があります。

サイズを少し広げて、800〜1000ccクラスのエンジンを搭載すれば、新興国の安価な小型車のニーズに応えられます。

先進国でも、少子高齢化が進み、運転が容易で購入しやすい自動車のニーズに対応できると期待されます。

 

小型車

レクサスなど高価格車以外に安価で高燃費の車が求められます!!
日本だけでなく新興国やさらには先進国でもニーズがあります!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-20

2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH