自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > 関連記事 > 【自転車事故】自転車の道路交通法

【自転車事故】自転車の道路交通法

033828

 

自転車事故防止

自転車も車両で道路交通法が適用されます!!
自転車でも酒酔い運転は重罪です!!

自転車の定義

自転車は人力で運転する二輪以上の車です。

身体障害者の車いす、一輪車は自転車ではありません。

自転車の2人乗り(タンデム自転車)

2人乗り自転車は、道路交通法違反のように見えますが基本的には2人乗り自転車自体は、違法車両ではなく公道走行も認められています。

しかし、2人乗りで公道走行を認められている地域は以下だけでその他の地域で2人乗りは違反になります。

注意する交通法規

自転車も車両なので道路交通法が適用されます。

以下の法規に注意してください。

 原則として用事以外は運転者以外の人を乗せることはできません。

 ブレーキを備えていない自転車、前照灯がつかず後部反射機材または尾灯が付いていない自転車に乗ることはできません。

 一時停止のある交差点では一旦停止して左右の安全を確認して発進しなければなりません。

 対面する信号機に従い道路の左側を進み一旦停車して右に回る対面の信号機に従い発進します。

自動車のように連続して右折することはできません。

自転車の酒気運転

手記運転には、2種類あります。

 呼気1ℓあたり1.15mg以上の場合です。

自転車運転者には、酒気帯び運転の罰則規定はありません。

 酒の影響で正常な運転ができない。

酒酔い運転は、自動車と同じ5年以下の懲役または100面園以下の罰金になります。

 

自転車事故防止

自転車も車両で交通法規が適用されます!!
お酒を飲んだら自転車も運転できません!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH