自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > 関連記事 > 【自動車とIT】トヨタはインターネットで運転支援

【自動車とIT】トヨタはインターネットで運転支援

transport, destination, modern technology and people concept - close up of man driving car with navigation system on board computer

 

運転支援

2016年をめどに日米で販売する新型車に通信機能を標準装備!!
走行情報などを常時取得し集めた情報を分析して新サービスを開発!!

 

IT分野では、以下に注目が集まって待っています。

インターネットで全てがつながり、データが収集され(ビックデータ)活用されます。

自動車も一つの情報端末として活用するコネクティッドカーとなります。

電気自動車メーカーのテスラは全車両に通信機を搭載しています。

自動車の世界でもインターネットの活用が始まりそうです。

 

IoT(Internet of Things)

世界に存在する様々な物に通信機能をもたせてインターネットに接続し相互通信、情報収集が行われます。

2020年には、500億個までつながる予測です(2013年の5倍)。

 

自動車の場合は、以下のデータが自動車会社のセンター(あるいは恊働センター)に送られます。

 

自動車には、以下のデータが送り返されます。

 

ビックデータ

インターネットにより情報収集が容易になりました。

物とお金の流れがわかるPOSデータ、GPS位置データ、センサー情報などを収集分析し現在の事業や新サービスに活用される仕組みで今までにない大量のデータが収集されることからビックデータと呼ばれます。

 

トヨタのT−Connect

T−Connectは、ナビがトヨタスマートセンターと通信でつながるサービスです。

2014年6月、テレマティックサービス「G−BOOK」を一新した新テレマティックサービス「T−Connect」を発表しました。

主な機能を以下に掲げます。

 

運転支援

自動車自体が通信端末になり相互通信・活用が始まります!!
自動運転や電気走行と結びつき大変革時代が来そうです!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH