自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > 関連記事 > 【自動車ビックデータを商品開発に活用】

【自動車ビックデータを商品開発に活用】

ビックデータの活用

国土高中小は、自動車の修理履歴や走行情報などを集めたビックデータビジネスを維持ネスに活用する仕組み作りを計画しています!!

ビックデータ

今までは膨大なデータ量のため管理できないで見過ごされてきたデータをインターネットなどのIT技術を使い収集し記録した大規模データベースで、高速に分析できる様になったことでこれまで予想できなかった新たなパターンやルールを見つけることが出来る様になった。

例として、アマゾンや楽天の購買履歴やアクセス情報などがある。

 

国土交通省の指針

2020年をメドに国や自動車メーカーの持つ自動車関連の情報をインターネットに開催する。

この情報は、国が認めた事業者だけにアクセスを許可するものです。

 

国土交通省では、IT会社、自動車工業会などの業界団体、学識経験者で構成する委員会を立ち上げています。

 

自動車関連ビックデータ

国は、事故履歴やナンバープレートの登録情報など自動車4,900万台の保有者情報・車検情報を持っている。

自動車メーカーは、全地球測位システム(GPS)を使った車の位置情報や走行データを収集でき、整備会社は、自動車の修理履歴を持っている。

今後自動車とスマートフォンが一体化すると予想され自動車関連データをスマートフォンでインターネットに送る仕組みが考えられています。

 

これらの情報を結びつけ分析することで新しいサービスや商品開発を容易にする。

アメリカオレゴン州やオランダでは、自動車の走行距離に従って自動車税を決める仕組みの検討をしているとのことである。

 

自動車走行のビックデータの活用例

自動車会社が販売した自動車の修理・走行データにより買い替えなどの情報として利用する他、運転者にも多彩なカーナビ情報を提供するなどメーカーと購入者の連携の強化や囲い込みが考えられます。

中古社会者が対象車の事故、修理履歴、走行距離などの客観データに基づいて値決めをして購入者に価格の透明性が高まります。

自動車保険会社が、自動車の走行データを分析して安全運転の度合いにより保険料が決まる自動車保険の販売などがあります。


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH