保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 車両保険の補償 > 自動車保険の加入実態

自動車保険の加入実態

自動車保険の加入データ

自動車保険は、法律で義務づけられた自賠責保険だけでなく任意保険にも加入しておく必要があることは誰もが感じていることだと思います。
ここでは実際に任意保険にどれくらいの方が加入しているのか、またどのくらいの保険金額を契約しているのかという実際の加入データをみていきましょう。
自動車保険の加入データとして、損害保険料率算出機構発表の「平成24年度 損害保険料算出機構統計集」から自動車保険加入データのいくつかを紹介します。

 

自動車保険の加入率

対人賠償保険、対物賠償保険はどちらも73.3%が加入しています。
ほとんどの人が加入していて、事故の相手への賠償に備える意識の高さがうかがえます。
しかし一方で、3割弱の人が加入していないとみると、事故の相手が加入していないという可能性もあるといえます。
そういった意味でも、自分や家族の死傷に備える保険(搭乗者傷害保険、人身傷害保険)に自分で入っておくことが重要といえます。

図1

 

車種別事故率(支払率)

損害保険料率算出機構の統計集の中に、自動車保険の契約台数と支払件数のデータがあります。
このデータから計算した新契約台数に対する支払件数の割合(支払率)を自動車の事故率と考えることができます。
計算してみると、自家用普通乗用車が15.1%、自家用小型乗用車が13.5%、軽四輪乗用車が12.0%となります。
自動車に乗っているとこれくらいの割合で事故にあうと考えてよいと思います。
この数値は、長く自動車に乗っていると誰しも事故にあう可能性があるといえる割合ではないでしょうか?

図2

 

対人賠償保険、対物賠償保険の契約保険金額

対人賠償保険や対物賠償保険に加入している人たちが、保険金額をいくらに設定しているのかというデータをみてみましょう。
一般的な自家用車の契約内容をみてみると、対人賠償保険は99%以上が無制限に設定しています。
また対物賠償保険は約94%が無制限に設定しています。

図3

事故の相手方の損害を補償する保険については、基本的に無制限で加入するのが基本となっていることが実際の加入データからもうかがえます。


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-04-11

2018-03-22

2018-01-31

2018-01-19

2017-12-28

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH