保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 任意保険 > 車両保険

車両保険

車両保険とはどんな保険?

契約している自動車が事故で損害を受けたり盗まれたりしたときに、保険金が支払われる保険です。
車両保険の対象となる事故は交通事故だけでなく、台風や洪水などによる災害や物体の落下、落書きやいたずらによる損害も含まれます。
ただし補償される事故の範囲については、車両保険のタイプにより異なります。

なお、車両保険で補償されるのは自動車本体だけでなく、ボルトやナット等で固定されている付属品、装備されている物も含みます。

車両保険のタイプと補償範囲

車両保険には、その補償範囲の違いでいくつのタイプがあります。車両保険のタイプとしては、「一般」、「エコノミー」、「限定A」と呼ばれるものが一般的です。

「一般」は事故や災害、いたずらによる自動車の損害や盗難を幅広く補償します。「エコノミー」は車対車の事故による損害のみを補償します。
そして「限定A]は車の事故以外の災害やいたずら、盗難などを補償します。また、この組み合わせとして「エコノミー+限定A」という補償も普及しています。

このように車両保険には、補償範囲により多くのタイプがありますが、最近では補償をシンプルにして車両保険のタイプを2種類に限定している損害保会社が多くなっています。
損害保険会社により少しずつ違いはありますが、その2種類のタイプは以下のようになります。

車両保険のタイプ

 車両保険のタイプ  補償内容(例)
 ・限定 
・エコノミー 
・スタンダード 
※「エコノミー+限定A」に該当
 <車同士の事故および事故以外の損害を補償>
他の自動車との衝突・接触、火災・爆発、落書き・
いたずら・窓ガラス破損、飛来中または落下中の
他物との衝突、台風・竜巻・洪水・高潮、盗難など
 ・一般 
・ワイド 
・フルカバー 
※「一般」に該当
 <さまざまな車の損害を補償>
上記限定、エコノミータイプの補償に加え電柱衝突
(単独事故)、自転車との接触、あて逃げ、転覆・
墜落など

 車両保険の保険金額と免責

車両保険で設定する保険金額は、通常、契約時に自動車の市場販売額相当額を基準として設定します。

車両保険の保険金の支払いに際しては、一般的には自動車の損害を全損と分損に分けて、それぞれの規定に基づき保険金を支払います。
全損の場合は契約した保険金額全額を支払い、分損の場合は損害額から免責額を差し引いた金額を支払います。

 

■ 免責

契約で損害額の一部を自己負担することを免責といい、その自己負担額を免責額といいます。
たとえば、免責額10万円とすると、損害が30万円の場合、車両保険で補償されるのは20万円となります。

このように免責額を設定し、一定の金額までの損害を自己負担することで保険料を安くすることができます。

 

車両保険の特徴

車両保険がどのような保険であるかをわかりやすくするために、主な特徴をまとめると以下のようになります。

車両保険の主な特徴
  • 事故や災害等で契約した自動車が損害を受けた場合に保険金が支払われる
  • 補償される範囲は加入した車両保険のタイプによる
  • 全損の場合は、契約した保険金全額が支払われる
  • 分損の場合は、損害額から免責額を差し引いた額が支払われる
  • 免責額は0にすることもできる

 

車両保険で補償されない場合

大切な自動車が損害を被ったときに役に立つ車両保険ですが、どんなときにも必ず補償されるわけではありません。
保険がきかない場合があることも理解しておきましょう。

車両保険で保険金が支払われないのは以下のようなときです。

車両保険の保険金が支払われないケース
  • 運転者や自動車所有者の故意または重大な過失による場合
  • 無免許運転、酒酔い運転、麻薬やシンナーなどを使用した運転の場合
  • 詐欺、横領によって生じた損害
  • 地震、噴火およびこれらによる津波により損害が生じた場合
  • 戦争、内乱、暴動などで生じた損害
  • レースなどにより損害が生じた場合
  • 自動車の欠陥、腐しょく、さび、その他自然の消耗による損害
  • 故障による損害

 

車両保険に関連する特約

自動車保険には、自動車事故等で所有する自動車に損害があった場合にそれに付随した損害を補償したり、車両保険の補償内容を補足したりするような特約があります。
そのような特約のうち一般的なものを以下に紹介します。

 

車両保険に関連する特約

 特約  保障内容
車内身の回り品特約 車両保険の補償対象とならない、車に積んでいた物の
損害を補償します。事故による破損や盗難による損害
が対象になります。また、キャリアに固定していた物
については、破損は補償しますが、盗難は補償しません。
事故時レンタカー費用特約
  (事故時代車費用特約)
事故後、自動車を修理に出している間に、代わりの
自動車が必要な場合にレンタカー費用を補償します。
車両新価保険特約 新車で購入した車が事故等で全損になった場合や修理
費用が新車価格の50%以上になった場合で、新車を
再購入したときに、その費用を補償します。
免責ゼロ特約 車両保険の免責額を0円にします。
ただし、対象となるのは、保険期間内の1回目の事故
のみとなります。

補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-04-11

2018-03-22

2018-01-31

2018-01-19

2017-12-28

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH