保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険料を節約するコツ > 【運転データを分析】安全運転で保険料を安く

【運転データを分析】安全運転で保険料を安く

安全運転

自動車走行データを大量に収集し分析できるようになりました!!
自動車保険の損保会社が対応を進めています!!

 

自動車と情報(IT)と通信(CT)の融合

 自動車と急速に発展しているIT(情報技術)とCT(通信技術)の融合、相互利用は、世界的に進められています。

日本では、国土交通省で推進しているITS(高度道路交通システム)があります。

自動車とITとCTの融合は、テレマティクスと呼ばれていて収集した大量の運転データ(ビックデータ)を分析することにより事故を抑制する運転操作の研究が進んでいます。

事故を減らすことで自動車保険の保険金が減り、保険料を安くできます。

大量の運転データを収集・分析することで事故につながるあるいは抑制する運転を予測でき、保険料に反映させるテレマティクス保険が日本でも進みそうです。

 

ITS(高度道路交通システム)

 ITSは、情報と通信を活用して交通の輸送効率や安全性・快適性を高めるシステムです。

■  ナビゲーションシステムの高度化
■  自動料金収集システム
■  安全運転の支援
■  交通管理の最適化など全体で9システム

 実現している機能もありますが、2030年に向けたITS長期ビジョンが作成されています。

 

 テレマティクス保険

 安全運伝の情報収集と分析に範囲を限定し安全運転と自動車保険が結びつきました。

車載の端末から走行距離、運転速度、急発進や急ブレーキの回数などの運転データを集め事故のリスクを分析します。

個別の運転データをもとに保険料が決まります。

運転データのリスクに応じて保険料が決まるので、安全運転をするようになり事故が減る効果があります。

2014年でテレマティクス加入人数が世界で1100万人に足しています。

欧米を中心に普及していますが日本でも普及しそうです。

 

 日本の動向

■  損保ジャパン日本興亜

・安全運転を支援するドライブレコーダー設置で保険料を5%割引

・日産リーフ向けに走行距離に連動する保険を販売

■  ソニー損保

・安全運転で最大2割引の新型保険を販売

■  あいおいニッセイ同和損保

・トヨタ自動車向けに走行距離に連動する保険を販売予定

■  東京海上日動火災保険

・新自動車保険を開発する専門チームを立ち上げて検討中

 

安全運転

自動車とIT&CTの融合が進み安全運転で保険料が安くなります!!
居眠り運転の防止やリアルでの事故情報などの安全も進みそうです!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-04-11

2018-03-22

2018-01-31

2018-01-19

2017-12-28

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH