保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険料を節約するコツ > 家族がクルマ購入「保険料の節約」

家族がクルマ購入「保険料の節約」

family

自動車保険

家族で等級の引継・交換が可能です!!
引継・交換で保険料を節約できます!!

 

ノンフリート等級の継承

クルマを買い換えると、自動車保険が変わり、クルマが変わるので通常保険料も変わります。
買い替えでは、自動車保険料に大きく関係する等級を引き継げます。
買い替えだけでなく、満期で保険会社を変えても等級は引き継がれます。

等級の継承は、当人だけでなく同居家族も可能です。
等級の引き継ぎには、以下のケースがあります。

等級が大きい(最大20等級で保険料の割引率63%)ケースでは、同居家族が等級を引き継ぐと保険料を大きく節約できます。
家族間ならば等級を引き継ぐことができますが、同居していることが条件なので注意してください。
父親が単身赴任で別居している家族でも、母親と同居している子供や孫なら等級を引き継ぐことができます。

 

同居家族への等級の引き継ぎ

同居家族への等級の引き継ぎには、以下の2ケースがあります。

等級の大きな両親や祖父母から子供や孫でも等級を引き継げ、親などの大きな等級で保険に加入できるので保険料を節約できます。
家族間でクルマを交換あるいは買い換えると等級を譲る方が新規に自動車保険に加入することになりますが、年齢の高い両親や祖父母の保険料は若い子供や孫より安くトータルで保険料を節約できます。

例えば、家族(父親と子供)で等級を交換する場合としない場合の保険料は、2018年では以下のようになります(保険料は例です)。

契約 交換 等級 保険料 割引率 支払保険料 合計
なし 20等級 10万円 63% 37,000円 145,000円
子供 7等級(S) 18万円 40% 108,000円
あり 7等級(S) 10万円 40% 60,000円 126,600円
子供 20等級 18万円 63% 66,600円

 

この「交換あり」のケースは、子供がクルマを購入し親の等級を子供が引き継ぎ、親は新たに保険に加入する例です。
等級を引き継ぐと引き継がない場合に比べ保険料を18,400円節約できます。
親が乗らなくなったクルマを子供に譲り等級を引き継ぐと、この例では保険料が66,600円になり新たに保険に加入する場合よりも41,400円の節約になります。

 

クルマを手放す場合は中断証明書を取得

クルマを廃車・譲渡する場合、10年以内に再運転する可能性があれば中断証明書をもらっておくと再運転時に自動車保険の等級を引き継ぐことができ、新規に加入する場合に比べ保険料を節約できます(期間は保険会社によります)。

中断証明書がないと再運転時に新規に加入することになり、上記表のケースでは保険料に23,000円の差が出ます。
中間証明書をもらっておいて自動車保険に再加入(新規加入)できるのは本人のほか同居家族も含まれます。
もらっておくと、将来(最長10年)、同居家族がクルマを購入するときに親の等級を引き継げ、保険料を節約できます。

 

自動車保険

財産のように子供や孫などの同居家族に等級を譲ることができます!!
譲られた子供は最初から親の等級で加入でき保険料を節約できます!!

 


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-05-17

2018-04-11

2018-03-22

2018-01-31

2018-01-19

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH