自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > エコカーと技術動向 > 【自動運転】Googleに続きアップルも

【自動運転】Googleに続きアップルも

自動運転

安全や混雑解消に期待される自動運転の研究が進んでいます!!
Googleに続いてアップルも研究に入りました!!

 

自動運転

 自動運転は、運転者が手動で運転しないで自動車自体がセンサー等で情報を収集して運転する技術です。

自動運転する方法に「自立型自動運転」と「協調型自動運転」があります。

 自動車に搭載しているセンサーやカメラで周囲の状況を判断して走行します。

 車外から提供される情報を自動車が無線通信を通して受信し自動運転します。

制限速度、渋滞区間や末尾地点、故障者や落下物、道路工事区間などの情報を道路に設置されているITSスポットや信号機などから無線で収集します。

協調型自動運転の方が高機能を実現できますが設備を全国的に整備する必要があり時間がかかりそうです。

現時点では、自立型自動運転が中心です。

 

自動運転の効果

 自動運転で安全性が向上します。

認知、判断、操作を電子化することで運転手の判断ミスを軽減し交通事故の削減が期待できます。

道路の逆走など、高齢運転者事故が増えていますので、特に望まれる技術です。

自動運転で以下の効果が期待されています。
  • 交通事故の削減
  • 渋滞の解消・暖和
  • 燃費の向上やCO2の削減
  • 高齢者・障害者等の移動支援
  • 運転の快適性の向上
  • 他の分野への技術波及など

Googleの自動運転

 Googleは、2014年12月23日に自動運転車の完全に機能するプロトタイプ車が完成したと発表しました。

ユニークな形状の2人乗りの小型車でハンドルはありません。

2014年9月、カリフォルニア州では、自立走行車の行動走行試験を許可する法律が施行され実用化が見えてきました。

アップル

 アップルも自動車の走行実験を始めるなどの研究に入りました。」自動運転技術の実用化を研究し自動車メーカーへの技術提供を目指す他デザイン力を生かして自動車設計も計画して行きそうです。

アップルではすでに、自動車内の情報システムとスマートフォン(iPhone)との連携を高めたサービスの提供を始めています。

日本の自動車メーカーの自動運転

 日本の自動車メーカーの自動運転への取り組みを以下に示します。

メーカー 内容 実用化時期
トヨタ カメラとレーダーで前方や車線を検知(自立型)
自動運転)車同士の情報も無線で受信し自動運転。
主に高速道路での利用
支援システム
2010年代半ば
日産自動車 カメラとレーザーを使い(自立型自動運転)市街地
の走行を可能にする。駐車車両の追い越しや交差点
への進入も可能
2020年まで
ホンダ カメラや歩行者のスマホとの通信を活用し、
歩行者を事前に検知して事故を防ぐ
未定

 

自動運転

自動運転は、事故の削減など多くの効果があります!!
実用化は、先ず、衝突防止システムなどから始まります!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH