自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > エコカーと技術動向 > 【エコカー】EV(電気自動車)の電力の供給方式

【エコカー】EV(電気自動車)の電力の供給方式

自動車
 

エコカー

エコカーはEVで決まりと言えますが電力の供給方式は試行中です!!
バッテリー、水素の燃料電池に加えてバイオの燃料電池も候補です!!

 

EV(Electric Vehicle)

EV(電気自動車)は、電気モータで自動車を駆動させます。

石油を燃焼しないので炭酸ガスを発生しないことから究極のエコカーと言われます。

電力が必要でその供給方式には、違いがあります。

 

EVへの電力供給方式による走行可能距離

電力供給方式による実用的(研究でなく商用車)な走行可能距離は、以下のようになります。

車種 電力供給方式 走行距離
日産リーフ バッテリー(EV) 280km
トヨタミライ 水素燃料電池(FCV) 約650km
ホンダクラリティフューエルセル 水素燃料電池(FCV) 約750km
日産e−バイオフューエルセル バイオ燃料電池(FCV) 約800km
トヨタプリウス(参考) ハイブリッド(HV) 1599km

 

1km走行のランニングコストは以下の順になります。

ランニングコストから見るとEVが安価ですが走行距離が短いのと充電に時間(30分ぐらい)がかかる問題があります。

小さなバッテリー(安価)で走行しながら無線給電する方式も技術的には可能ですがインフラ構築に費用がかかり実現しても高速道や主要道路になると思われ実現性は難しい印象です。

 

エコカー開発提携

巨大な自動車会社でも単独では困難で提携して開発を進めています。

 

エコカー開発を加速するアメリカの規制

カリフォルニア州排出ガスゼロ車(ZEV)規制(ZEVを一定割合義務付とエコカー専用渋滞回避レーン走行)がエコカー開発を加速しています。
ZEV規制の対象は、以下のメーカーです。

販売者に対するZEV比率が不足すると達成社からクレジットを購入しなければ自動車の販売ができません。

HVがZEVから外れたためにカリフォルニア州でのプリウスの販売は前年比25%程度減少し、トヨタはクレジットの販売会社から購入会社(テスラから購入)に転落したとのことです。

 

エコカー

日本の自動車会社は、HVや燃費向上に邁進しています!!
EVも世界をリードしていて産業の発展が期待できます!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-04-11

2018-03-22

2018-01-31

2018-01-19

2017-12-28

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH