自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > 関連記事 > 【電気自動車】EV日本でも注目

【電気自動車】EV日本でも注目

木製の車のおもちゃを持つ男の子
 

EV

トヨタ・ホンダは燃料電池車(FCV)に力を入れていました!!
EVの高まりからトヨタも電気自動車に切り替えるようです!!

 

日本では電気自動車(EV)がほとんど走っていませんが、ヨーロッパや米国、中国を見るとEV市場が急拡大する予測がでています。

特に中国で急速に販売を伸ばしていて、ガソリン車だけでなくEVでも米国を追い抜き世界最大のEV国となりました(2015年)

 

中国でEV急拡大のワケ

中国は、大気汚染軽減と自動車産業振興をかねてEVに手厚い補助金を使いEV市場の拡大を狙っています。

各国の補助金額は、以下になっています。

2015年の中国EV販売は、前年比5.5倍の24万7000台に達しています。

同年、日本では、PHEV車も加えて2万5000台あまりです。

 

日産「ノート」

2016年11月、日産「ノート」がプリウスを抑えて乗用車販売台数のトップ(1万5784台で前年同比244%アップ)になりました(軽自動車はホンダ「N-BOX」の1万4813台)。

日産は、リーフというEVを販売していますが、ノートはガソリンで発電しながら電気で走行する自動車なので、通常のEVとは異なりますが、EVの欠点である走行距離が長い特徴があります(燃費や安全装置なども整っています)。

 

トヨタEV戦略

HV(プリウス、アクアなど)で成功し、水素ガスで走行する燃料電池車(FCV)「ミライ」にかけていたトヨタですが、自動車価格(約723万円、国と東京都の補助金あわせて303万円、実質420万円)も高く(グレードは違いますがノートは、約177万円〜)、水素供給施設の未整備から販売が伸びていません(水素供給施設が整備されると販売数も伸びる予測です)。

トヨタとしては、PHEV(Plug-in Hybrid Electric Vehicleの略でElectricを外してPHVと呼ばれることもある)プリウスに期待するところですが、2016年12月EV量産に向けた組織改革を進めています。

米国(カリフォルニア州の規制)と中国の補助策にHVは対象外となり、この両国を始めとしてEVの市場拡大にトヨタも対応せざるを得ない時期に来たようです。

 

2倍走れる蓄電池の開発「日立容量2倍で400km走行」

日立は、1回の充電で約400km走行できるEV向けのリチウムイオン電池技術を開発したと発表しました。

実用化は、2020年を目指すそうです。

トヨタ「ミライ」は、1回の充填で約650km走行しますが、1回の充電で400km走行できれば販売の拡大が期待できます。

 

EV

2020年には低価格1回の充電で400km走行が予想されます!!
日本はHV主導できましたが世界を見るとEVの拡大が進んでいます!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-11-16

2017-11-09

2017-10-30

2017-10-19

2017-10-13

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH