保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険料が決まる要素 > 【自動車保険料】2台目を購入したときの保険料

【自動車保険料】2台目を購入したときの保険料

運動をするシニア

 

保険料

2台目を購入することもあります!!
2台目の保険料は安くなります!!

セカンドカー割引

2台目の自動車を購入した場合の保険料は、以下の条件を満たすと1台目の保険料に比べ割引があります。

 

同じ車種というのは、同じ種類の自動車なら2台目を割引くというわけではありません。

自家用8車種に含まれていれば割引があります。

自家用8車種は、以下の8種類の自動車です。

普通免許で運転できるほとんどの自動車が対象です。

 

2台目の自動車保険は、7等級からスタートできます。

また、1台目と2台目の保険会社は違っても割引を受けることができます。

割引率

損保ジャパン日本興亜「THE車の保険」を例にとると割引率は以下のようになります。

年齢条件 7(s)等級の割引率
全年齢補償 11%割引
21歳以上補償 11%割引
26歳以上補償 40%割引
25歳以上補償 40%割引
運転者の条件

以下の条件のどれかに該当するのが条件です。

車両保有者の条件

以下の条件のどれかに該当するのが条件です。

 

保険料

家族用などの2台目の自動車の保険料は割引があります!!
普通免許で運転できる自動車に運転者と所有者に条件があります!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-04-11

2018-03-22

2018-01-31

2018-01-19

2017-12-28

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH