保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険の知識 > 【自動車保険】免許証の色による保険料の違い

【自動車保険】免許証の色による保険料の違い

元気なシニア

 

免許証の色

運転免許証には「ゴールド・ブルー・グリーン」の3種類あります!!
リスク細分型自動車保険は、免許証の色により保険料が変わります!!

 

リスク分散型自動車保険

リスク分散型自動車保険は、自動車事故リスクの要素保詳細に区分して保険料を決める自動車保険です。

現在の自動車保険は、このタイプの保険になっています。

主なリスクの区分を以下に示します。

リスクをどのように保険料に反映するかは、保険会社により違います。

このため、保険会社により保険料は異なります。

 

運転免許証の色

運転免許証の表面には以下の3種類の色が使われています。

 

 最初に運転免許を取得すると有効期間3年のグリーンの運転免許証が交付されます。

3年以内に上位の免許を取得すると3年以内でもブルーに変わります。

 

  以下は、運転免許の更新時に免許証の色はブルーになります。

  ◯ 最初の更新(グリーンからブルー)

  ◯ 5年以内の無違反更新

  ◯ 運転違反者

有効期間は3年ですが、2002年の道路交通法の改正により過去5年間に軽微な違反1回(3点以下)の場合は、有効期間が5年です。

 

 ゴールド免許証は、1994年に新設された免許証です。

更新時の過去5年間、無事故・無違反の優良運転者にゴールドの運転免許証が交付され有効期間は5年です。

 

保険料算定の条件設定

運転免許証の色により保険料の違い(目安)を知るための条件を以下に設定します。

項目 条件
ノンフリート等級 20
事故有期間
用途 日常・レジャー
車種 小型乗用車
主運転地域 東京都
年齢条件 35才以上
対人賠償保険金額 無制限
対物賠償金額 無制限
対物全損時修理差額費用特約 あり
人身傷害保険金額 3,000万円
人身傷害入通院定額給付金 10万円
契約者搭乗中保障 あり
車外事故特約 あり
無保険者傷害 無制限
自損事故傷害 人身傷害保険で補償
車両保険 なし
代車費用特約 なし
ロードアシスタンス特約 あり
個人賠償責任特約 あり
弁護士費用特約 あり

 

保険料の試算

前述の条件で損保ジャパン日本興亜「THE 車の保険」で試算すると、更新時の年額保険料は以下のようになります。

年齢 ゴールド ブルー 差額
35才 37,160円 41,310円 4,150円
40才 36,770円 40,860円 4,090円
50才 36,290円 40,360円 4,070円
60才 39,510円 44,010円 4,500円
70才 44,440円 49,590円 5,150円

保険料

免許証の色により年間4〜5千円違います!!
高年齢層の差が大きくなります!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH