保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険の知識 > 【自動運転】自動車保険との関連

【自動運転】自動車保険との関連

Neuwagen
 

自動運転

日産は自動運転機能を搭載した「セレナ」を8月下旬発売します!!
高速道路限定ですがハンドルやブレーキ操作なしに運転できます!!

 

自動運転

カメラ、センサー、レーダーから得られたデータをコンピュータが処理してハンドル、ブレーキ、アクセルを自動制御して走行します。

ドライバーは、ハンドル、ブレーキ、アクセルに触れることなく目的地に向けて走行します。

 

自動運転は、以下の4段階で勧められていて現時点(2016年)は、第2段階から第3段階に進みつつあるようです。

 

国内初の自動運転車日産「セレナ」

日産自動車は、7月13日に自動運転機能を搭載したミニバン「セレナ」を8月下旬に発売すると発表しました。

「セレナ」は、ハンドル、ブレーキ、アクセル操作せずに高速道路の単一の車線に限り自動運転できます。

車線変更はしないとのことなので追い越しはドラーバーの責任になります。

販売価格の発表はありませんでしたが、300万円以下になるようで、高速道路限定ですが購入したい希望は多いいのではと思われますが、むしろ、レクサスクラスの方が需要は多いように思います。

自動運転は世界中の自動車メーカーが開発していて大体は2020年に高速道路での自動車運転の実用化を念頭においているようです。

 

自動運転と自動車保険

自動車に安全走行装置を搭載すると、今(2016年)でも保険料を割引く自動車保険が発売されていて(増えている)、自動車メーカーと。

自動車保険会社との連携が進んでいます。

自動運転が実用化された場合、誰が保険に加入するのかが議論されています。

前述の4段階で言うと責任は以下のようになります。

 

自動運転が実用化されると自動車保険の契約者は自動車メーカーあるいは自動運転機械の製造メーカーになるのかもしれません。

自動運転の時代になると自動車保険は、大きく変わりそうです。

 

保険会社にとっての自動車保険

東京海上ホールディングス(東京海上日動が中心)によると自動車保険は以下のようになっています。

 

自動運転

自動運転「セレナ」が8月に発売されます!!
自動車保険がどうなるか関心が持たれます!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH