保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険の知識 > 【ダイレクト自動車保険】保険料の安い自動車保険

【ダイレクト自動車保険】保険料の安い自動車保険

Photo_761
 

ダイレクト自動車保険

代理店型保険に比べ保険料は安く設定されています!!
事故対応やロードサービスなど代理店型と同じです!!

 

自動車保険は、ダイレクト自動車保険(通販・直販型)と代理店型自動車保険(代理店型)の2種類があります。
誰もがパソコンあるいはスマホでインターネットを活用できるようになったことで、ダイレクト自動車保険が伸びています。
これについては、前回の記事【ダイレクト自動車保険】保険料収入の伸びが好調で紹介しています。

 

ダイレクト自動車保険の保険料

ダイレクト自動車保険の保険料は、代理店型に比べて1万円前後安く設定されています。
安くできるのには、以下のような理由があります。

ダイレクト自動車保険の保険料は、安く設定されていますが基本的に事故対応やロードサービスは代理店型自動車保険と同じサービスを受けることができます。
それぞれのダイレクト自動車保険は、次回以降に紹介します。

 

ダイレクト自動車保険と店舗型自動車保険の違い

自動車保険の事故対応やロードサービスなどの基本の補償は、どちらも変わりません。
対面して指導を受けながら加入する代理店型とインターネットあるいはコールセンターに電話して加入するかの違いがあるだけです。
代理店型は担当者と面談して話を聞けますが、ダイレクト自動車保険もインターネットからの問い合わせだけでなくコールセンターのオペレーターに相談できます。

代理店型は事故やロードサービスで代理店に連絡すると知り合いの担当者に対応してもらえる安心感はありますが、事故の対応はどちらも保険会社のスタッフが対応してくれるので同じと言えます。

 

自動車保険の現状

自動車保険と交通事故の現状を以下に示します。
日本損害保険協会の数値を参照しています。
年は、年度です。

■ 交通事故の発生件数

交通事故の発生件数は、年々減少しています。

■ 自動車保険(任意保険)加入率

2005年と2014年を比べると以下のようになっています。

自動車保険(任意保険)の加入率は、年々増加しています。

■ 自動車盗難

自動車盗難の件数と支払保険金は、以下のようになっています。

■ 自動車事故高額判決例

それぞれの事故で最も高額の判決は、以下のようになっています。

 

自動車保険

年々事故は減少していますが、加入率は増加しています!!
高額事故判決が予想され、家族を守るためにも必要です!!

 


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-01-31

2018-01-19

2017-12-28

2017-12-21

2017-12-14

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH