保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険の活用ポイント > 【最高裁判決】認知症家族の責任認めず

【最高裁判決】認知症家族の責任認めず

西武特急
 

認知症

認知症高齢者の賠償責任を認める判決が出ていました!!
最高裁は妻に賠償を命じた二審判決を破棄しました!!

 

判決のあった事故

この裁判は、2007年愛知県で徘徊中に電車にはねられ死亡した認知症高齢者(当時91歳)の家族にJR東海が列車の運行に支障が生じ、振替輸送の費用等の賠償を求めた裁判です。

最高裁は3月1日、今回の事故は家族の監督責任可能とは言えず賠償責任はないとの判決です。

最高裁判決ですのでこれで確定します。

今回の判決は、以下のようです。

 

判決の影響

配偶者と云うことで監督責任を認めた二審判決に比べ配偶者ということでは監督責任はないとした最高裁の判決を評価する意見が多いようです。

判決内容は支持する意見が多のですが、認知症の人が第三者に損害を与えた場合の被害の救済ができなくなるとの懸念もあります。

今回はJR東海という大手企業なので被害の救済は問題になりませんが、例えば個人の被害の場合ではどう救済されるかは未定です。

そこで、以下が注目されます。

 

個人賠償責任特約

日本国内、国外を問わず契約者、その配偶者または同居の親族・別居の未婚の子が日常生活における偶然な事故(自動車事故を除く)で法律上の損害賠償責任を補償します。

 

認知症

日常生活の事故を補償する個人賠償責任特約は加入すべき特約です!!
自動車や自転車の被害を補償する人身傷害車外事故特約も有効です!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH