事故情報
ホーム >>  事故情報 > 事故相談窓口 > 【直販型自動車保険】サービスの拡大

【直販型自動車保険】サービスの拡大

pixta_8808858_M
 

自動車保険

ネットで契約でき安価な直販型自動車保険が成長して来ました!!
2014年から価格だけでなくサービス競争が始まっています!!

 

直販型自動車保険

自動車保険収入は、全体で4兆円弱の規模になっています。

この内、直販型自動車保険の規模は、全体の7%の約2,800億円です。

直販型自動車保険は、電話やインターネットで申し込みをして、書類の郵送で契約できる保険です。

保険の販売員との会話に不得なこともあり、保険料の割引もあるので若者を中心に販売が拡大してきました。

年間10%ぐらい販売が伸びて来ましたが、2014年からは7%ぐらいに成長が落ちています。

保険料の安さが成長のキーでしたが、安さだけを全面に出すと翌年はより安い保険料を探して他社に流れやすくなります。

このため、保険料だけでなく契約者を継続契約に惹きつけるサービスの品質向上が求められています。

直販型自動車保険は、成長が見込めにくくなり昨年(2015年)から保険会社のサービスの競争が始まっています。

 

サービスの例

直販型自動車保険だけではないのですが、事故にあうと動転してどう対応すればよいのか戸惑うケースが多く出ます。

このような事故の際に、保険会社のセンターと接続しやすいアプリを提供したり、支援要員を派遣するサービスが始まっています。

 

ゴールド免許や年間走行距離など契約者の条件やライフスタイルに合わせた保険料を設定しています。

インターネットから申し込むと最大10,000万円の割引があります。

2015年3月から故障や事故時のロードサービスを簡単にスマホアプリから申し込めるサービスを始めました。

 

インターネットから申し込むと8,000円の割引を受けることができます。

2016年1月から故障や事故時に適切な行動を知らせるスマホアプリを拡充しています。

 

インターネットから申し込むと10,000円の割引受けることができます。

さらに、事故率が低い40代・50代の保険料を1歳きざみで割安にしています。

2016年4月から、綜合警備保障(ALSOK)と提携して警備員が事故現場に駆けつけるサービスをはじめました。

 

インターネットから申し込むと新規でも更新でも10,000円の割引受けることができます。

2016年7月から、無事故だと翌年の保険料を2%割り引きます。

さらに、契約年数に応じて最大3%保険料を継続的な割引を導入予定です。

 

自動車保険

安価な保険料が売りでこれまで自動車保険の加入者が増加!!
サービスの拡充やさらなる割引を加えて契約者を囲い込み!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-11-16

2017-11-09

2017-10-30

2017-10-19

2017-10-13

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH