事故情報
ホーム >>  事故情報 > 安全運転 > 【高齢者ドライバー】認知症と運転免許

【高齢者ドライバー】認知症と運転免許

Auffahrunfall
 

認知症

2025年には5人に1人が認知症になると予想されています!!
高齢になった時に運転し続けるかは誰でも判断が求められます!!

 

認知症と運転免許

現在のところ認知症と診断されても交通違反がない限り免許の取消にはなりません。

現在で運転免許の取り消しになるのは、以下のケースです。

後期高齢者で信号無視や一時不停止などの特定の交通違反をした時にのみ免許の取消の可能性があるだけで、認知症の方の車の運転の対策はこれからですが時間が迫ってきています。

 

高齢運転者の気持ち

日常生活で車の運転の必要性により判断は、分かれます。

大都市圏の都心部であればなくても良い方は多いと思われますが、大都市圏の郊外でも以下により必要と考える方は多いと思われます。

田舎に住んでいるとクルマの必要性は、高まります。

クルマを運転する人には車と運転が好きな方も多く、このような方は免許を手放すことは生きがいを失い事にもなり困難です。

認知症の疑いが生じた時に運転をどうするかの朝日デジタルのアンケートでは、以下の様な解答になっています(数値は%です)。

対応 60代 70代 80代
支障のない限り運転を続ける 12 11
必要最低限の運転に留める 12 11
一切の運転をやめる 52 74 56
その他・分からない 11

アンケートでは、一歳の運転をやめるとの回答は70代で74%から80代では56%に減っています。

原因は分かりませんが、以下が考えられます。

 

家族の責任

認知症の人が車を運転して事故を起こした場合、家族に責任が問われるかについての判例はないようです。

認知症の高齢者の鉄道事故でJR東海が起こした家族への損害賠償請求は、2016年3月最高裁は義務がないとの判断し確定しました。

 

認知症

鉄道と車は違いますが家族に責任が問われるのはレアケースです!!
実際に事故が起こると大変ですので車の運転をやめましょう!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH