事故情報
ホーム >>  事故情報 > 事故相談窓口 > 【交通事故】当事者のみで解決できない場合の「ADR」と「裁判」

【交通事故】当事者のみで解決できない場合の「ADR」と「裁判」

空を見上げるビジネスマン

 

示談

当事者のみで解決できない場合は「ADR」と「裁判」の方法があります!!
どちらかを選択することになりますが最後は「裁判」になります!!

 

ADR

ADRは、中立・公正で専門的な知識のある第三者機関が被害者・加害者両者の話を聞いて示談案(斡旋案)や仲裁案を出して紛争を解決する手続です。

中立・公正な第三者機関が間に入ることで紛争解決の可能性が高くなります。

 

ADRと裁判の選択

当事者のみで解決できない場合は、「ADR」または「裁判」を使うことになります。

最初「ADR」を使い、それでも解決しない場合は「裁判」に訴える方法があります。

後遺症外に関する争いは、ADRでは対応できずに裁判になります。

 

ADRによる解決は、裁判に比べ手続きが簡単で解決までの時間が短いメリットがあり、可能ならADRによる解決が望ましいと言えますが、裁判でなければ解決できないケースもあります。

下記の状況を判断してどちらを利用するか、決める必要があります。

 

ADRを選択するのが良い場合の目安

以下は、ADRによる解決を勧めます。

比較的簡易な争いの解決に向いています。

 

裁判にしたほうが良い場合の目安

以下は、裁判による解決を勧めます。

比較的激しい争いの解決に向いています。

 

示談

合意できないと「ADR」利用か「裁判」に訴えることになります!!
当事者・裁判所に負担があり可能なら「ADR」の利用が望まれます!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-11-16

2017-11-09

2017-10-30

2017-10-19

2017-10-13

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH