自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > お得情報 > 【エコカーFCV車ミライ】購入をプッシュする国と自治体の助成金

【エコカーFCV車ミライ】購入をプッシュする国と自治体の助成金

FCV

 

エコカー助成金

究極のエコカー「ミライ」への期待が高まっています!!
高価格車ですが助成金もあり普及をプッシュしそうです!!

 

エコカーFCV車

FCV車は水素を燃料として発電し、モーターを回して走行する自動車です。

水素は酸素と出会うと反応して電気エネルギーを発生します。

酸素と反応するのは燃焼なので水素と酸素が燃えて電気エネルギーを発生するので燃料電池自動車「FCV」と呼ばれます。

 

FCV車が期待されるのは酸素と燃えても炭酸ガスを発生しない究極のエコカーだからです。

風力発電等の再生可能エネルギーで水素を生成することが期待されていますが現時点では化石燃料の複製物として生成されることが多いので究極のエコカーとは言えませんが、生成されると炭酸ガスを発生しないので現時点でもエコカーと言えます。

 

エコカーとしては電気自動車「EV」もあります。

FCV車はEV車に比べると実用上以下の特徴があります。

日産自動車「リーフ」や米国テスラモーターズのようにEV車を販売している自動車会社も多く、技術開発が進んでいるのでFCV、EV車のどちらが普及するかは不明ですが、日本はFCV車に期待が高まっています。

 

トヨタ「ミライ」

トヨタは、1992年からFCV車の技術開発を進めて2014年12月15日に販売を始めました。

4人乗りのセダンタイプで、現在主流のEV車に比べると車体が大きく豪華に感じます。

その分価格は、723万6千円(消費税込み)とEV車に比べると高価です(テスラモーターズにはもっと高価格のEV車があります)。

 

助成金

FCV車「ミライ」を購入すると国から202万円の補助金があります。

補助金を使うと約520万円で購入できます。

 

最近自治体も補助金を発表しています。

関東ですと以下の補助金があり国の補助金と加えると303万円になり、約420万円でミライを購入できます。

個人でも、FCV車の購入を検討できる時期になりました。

 

自治体の助成金は、その自治体の個人または法人です。

関東の自治体で40万円以上の助成金を以下に示します。

自治体 助成金 終了期間
東京都 101万円 平成28年3月31日
神奈川県 101万円 平成28年2月29日
横浜市 50万円 平成28年2月19日
相模原市 50万円 平成28年2月15日
海老名市 40万円 平成28年3月14日までに導入完
埼玉県 100万円 平成28年3月31日
さいたま市 50万円 平成28年2月29日
所沢市 50万円 平成28年2月29日
戸田市 50万円 平成28年1月29日

 

ミライの乗車体験

愛知県豊田市では1万円以上のふるさと納税で1日「ミライ」を貸し出します。

インターネットで募集したところ100件程度の予定に300件以上応募者があったとのことです。

希望者が多いので申し込んでも乗車できるかわかりませんが、一般の方でも実際に1日の乗車体験ができるようになりました。

 

FCV車の購入

FCV車の購入に国と自治体の助成金があります!!
一般の方でも購入が可能になりつつあります!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-20

2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH