自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > エコカーと技術動向 > 【燃料電池車(FCV)】燃料電池車の普及は日本が先行

【燃料電池車(FCV)】燃料電池車の普及は日本が先行

燃料電池車

2014年12)にトヨタの燃料電池車「ミライ」が発売されます!!
日本に有利な点があり日本からの普及が期待されます!!

燃料電池車

水素ステーションから水素を給油し水素と空気中の酸素と反応させ電気を発生します。

この電気でモーターを駆動して走行します。

水素と酸素の反応では水しかできないので二酸化炭素や有害排ガスを放出しないエコカーです。

 

燃料電池車の整備状況

燃料電池車の駆動源の水素の整備が進んでいます。

国別 水素ステーション整備計画 FCV車開発
日本 13〜14年度40カ所、15年までに100カ所 今年トヨタ、2015年にホンダ
米国 カルフォルニア州で13年度までに約60カ所 GMがホンダと協力し20年の実用化
欧州 ドイツで2023年までに400カ所 ドイツダイムラーベンツ
韓国 15年までに約40カ所 現代自動車が14年米国でリース開始

 

FCVの普及に日本の有利な点

■ 日本の強い自動車メーカー

 2014年にトヨタ、2015年にホンダがFCVを発売します。

 日産も米国フォード、独ダイムラーベンツと共同開発をします。

■ 供給インフラ技術

 水素は気体です。

 気体の運送は液体に比べて効率が良くありません。

 日本には、液化天然ガス技術があり水素の液化と運送技術が世界でも先行しています。

■ 水素生産

 水素は工場の製造過程で発生します。

 工場の多い日本で水素の国内生産が可能です。

 水を電気分解して発生できるので余っている夜間電力で水素の製造が可能です。

水素の課題

FCVが普及するには、以下の課題があります。

■ 水素の製造にエネルギーが必要

 水素の化合物は多いのですが、使えるほどには単体で天然に存在しません。

 製造するためには、エネルギーを必要とします。

 このエネルギーを化石燃料に求めるとクリーンでなくなります。

 使われない深夜電力の活用や自然エネルギーの活用が望まれます。

 自然エネルギーは赤道など遠隔地の不便な所に多くあり水素製造に使えれば有望です。

 この点は電気自動車(EV)も同じ課題があります。

■ 輸送インフラ

 ガソリンは輸送インフラが世界的に構築されています。

 水素ステーションは、これから整備が始まります。

 水素には充填時間が短いメリットがありますが水素ステーションの整備は高価です。

■ ガソリン車に比べ高価格

 トヨタの「ミライ」の販売価格は、約700万円です。

 200万円ぐらいの補助金が付きますがそれでも高価です。

 最初は公共分野や観光分野に限定されガソリン車のように普及には時間がかかります。

燃料電池自動車

日本が水素と言うエネルギー生産国になる可能性があります!!
FCVと水素の生産は、日本の発展に期待されます!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH