自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > エコカーと技術動向 > 【トヨタ自動車】燃料電池車「ミライ」を発売

【トヨタ自動車】燃料電池車「ミライ」を発売

燃料電池自動車

トヨタ自動車は、燃料電池車「ミライ」の販売を発表しました!!
年内(2014年)にも発売されます!!

「ミライ」の販売発表

トヨタ自動車は、11月18日、燃料電池車(FCV)のミライ(英語名「MIRAI」)を2014年12月15日に国内販売すると発表しました。

 

販売価格は723万6千円(消費税込み)です。

国から202万円の補助金が給付されるので520万円ぐらいで購入できます。

この販売価格は、「クラウン」の価格帯と同じですので、個人の方でも購入できるようになりました。

 

燃料電池車(FCV)

水素と酸素の反応で電気を発生します。

FCV車は、この水素を動力源として走行する自動車です。

 

水素と酸素の反応は、水(水蒸気)だけで炭酸ガスなどの有害排気ガスを発生しません。

このため、究極のエコカーと呼ばれています。

 

「ミライ」の概要

ミライの概要を下表に示します。

項目 内容
販売時期 平成26年12月15日
形式 4人乗りセダンタイプ
走行距離 1回の充填で約650km
充填時間 ガソリン車と同じ約3分
販売計画 2015年中で700台(約200台受注済み)
販売価格 723万6千円(消費税込み)
補助金 202万円(補助金を除くと約520万円)
燃費 10円/1kmを予定(フル充填で6500円)
走行性能 ガソリン車に比べ加速性能に勝る(電気駆動の特徴)
騒音 ほとんどなし(電気駆動の特徴)

 

電気自動車(EV)との比較

FCV車は搭載した水素と空気中の酸素を反応させ発生した電気で走行するのに対して、EV車は電気を電池に充電させて走行します。

 

FCV車は、EV車に比べ以下の優れた特徴があります

 

電気の充電設備は安価ですが、水素を充填する水素ステーションは設置に5億円ぐらい必要で高価です(土地代は別途必要)。

このため、水素ステーションの整備が普及の課題です。

燃料電池自動車

普及には、水素ステーションの整備が課題です!!
二酸化炭素や有害排気ガスがなく究極のエコカーです!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH