保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 車両保険の補償 > 【車両保険】加入するのが良いだろうか

【車両保険】加入するのが良いだろうか

車対車事故

 

車両保険

車両保険の保険料は高額になるので検討してから加入しましょう!!
相手先の車は対物賠償保険で自分の車は車両保険で補償されます!!

 

車両保険

事故相手先の車は、対物賠償保険で補償されます。

自分に責任のある事故で自分の車に損害があっても対物賠償保険では、補償されません。

自分の車を守る保険が車両保険です。

 

自分の車を守るので車両保険に加入したいところですが、車両保険の保険料はかなり高額です。

下に、保険料の目安を示しますが、車両保険をつけるか否かで保険料が2倍ぐらい変わるケースが出てきます。

 

車両保険に加入するかの検討

車両保険は、保険会社に共通の「自動車保険車両標準価格表」に示された価格の範囲内の保険金額で加入します。

新車から時間が経つにつれ自動車の価格は下がっていきます(その時の価格が時価です)。

中古車は、販売されてから時間が経っているのでかけられる保険金が少なくなり、その分保険料も安くなります。

車両保険は、加入する人は多くないのですが、以下のようなケースは加入を検討してください。

 

車両保険の種類と保険料のセーブ

車両保険には、以下の2種類があります。

以下については、どちらも補償されます。

以下は、一般条件のみ補償され車対車限定では補償されません。

保障の範囲が狭いので「車対車」が「一般条件」での加入に比べ保険料は安くなります。

 

車両保険で面積をつけると保険料を抑えることができます。

保険を使うと次の更新時にノンフリート等級が下がるので修理費が少額の場合は、保険を使わない方が良いケースが出てきます。

自己負担にした方が良い修理費に相当する額(5万〜10万円ぐらい)が車両保険の免責額になります。

 

車両保険の目安

保険料を試算する条件を以下に示します。

項目 条件
ノンフリート等級(最大のケース)
免許証のカラー グリーン
事故有期間(事故前のケース)
運転の主用途 日常・レジャー
保険をかける車種 プリウス
主運転地域 東京都
年齢条件 注参照
対人賠償保険金額 無制限
対物賠償金額 無制限
対物全損時修理差額費用特約 あり
人身傷害保険金額 3,000万円
人身傷害入通院定額給付金 10万円
契約者搭乗中保障 あり
車以外の事故も補償の車外事故特約 あり
安全な無保険者傷害 無制限
自分の事故も補償する自損事故傷害 人身傷害保険で補償
車両保険 なし
代車費用特約 なし
ロードアシスタンス特約 あり
広い損害も補償の個人賠償責任特約 あり
トラブルに備える弁護士費用特約 あり

 

この条件で30歳男性が新車プリウスで200万円の車両保険の保険料の目安を以下に示します。

全て補償する一般条件210,360円

ケース 保険料
新車プリウスで車両保険なし 92,270円
自己負担5万円の一般条件 185,780円
自己負担5万円の車対車限定 140,210円

 

車両保険

免許取り立て時や新車を購入した場合は車両保険を考えましょう!!
保険料を抑えるのには5〜10万円の免責額の設定が効果的です!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH