保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険の知識 > 【自動車保険】自動運転に保険を適用

【自動車保険】自動運転に保険を適用

adobestock_45013164
 

自動運転

人が乗車して走行するバスで実証実験が秋田県で始まりました!!
改造電動カートで公道を回るサービスも輪島市で始まります!!

 

ハンドルやブレーキを自動車が自動操作する自動運転車の開発が進んでいます。

前回「【自動運転】交通事故減少など自動運転への期待」で示しているように、自動運転への期待が高いのですが、一方で不安も感じられます。

東京海上日動火災保険は、2017年4月から自動運転中の事故を自動車保険に適用(補償)すると発表しました。

自動車保険の適用は、不安を和らげるように思えます。

自動車運転を対象とした保険は、日本初となります。

 

秋田県での自動運転バスの公道での初の実証実験

この実験は、秋田県仙北市で2016年11月13日に行われました。

公園などの敷地内での実験走行は各地で行われていますが、公道での実験は初めてとのことです。

速度が遅いこともあったのかもしれませんが、試乗者の感想は良好なようです。

ロボットシャトルは、小型バスと変わらない形状をしていて実運行になっても乗車しやすいようです。

 

高齢者や観光客の足となる輪島市でのサービス

ゴルフ場の電動カートを公道で走行できるように改造して、輪島市の市街地を回るサービスが2016年11月5日から始まりました。

このカートは、4人乗りでヤマハ発動機が開発し、軽自動車のナンバーを交付されています。

現在の道路交通法では、無人運転が認められていないので運転手が乗車し緊急時の操作を行います。

運転手が乗車しての自動運転なのですが、自動運転が近づいていると言えます。

輪島市は人口約27,000人の約43%が65歳以上の高齢者で、バスやタクシーの公共交通機関減少しており、低床で乗りやすいカートで移動が容易になると期待されます。

運転手が乗車しないで呼び出しで乗車できるようになると、地方での足が確保され、高齢者等の移動が容易になります。

 

東京海上火災日動「自動運転無料特約」

自動運転は、以下のレベルを経て開発されています。

東京海上火災日動「自動運転無料特約」は、第3レベルまでを補償対象として、自動運転中の事故で保険金を支払うとのことです。

自動運転事故の救命に時間がかかると思われますが、運転者に保険金を支払い、先ず被害者を救済します。

 

自動運転

運転者が乗車しての自動運転の一部は直ぐにでも始まりそうです!!
地方での利便性が高まると同時に保険の適用で安心も高まります!!

 


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2017-11-16

2017-11-09

2017-10-30

2017-10-19

2017-10-13

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH