保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険の活用ポイント > 【任意保険】自分の車以外での損害も補償

【任意保険】自分の車以外での損害も補償

w_c8

 

保険の範囲

自分の車以外の損害も補償されるケースがあります!!
保険の補償範囲は広いので何が対象か知りましょう!!

 

自分の車や搭乗中以外でも使える保険

任意保険の種類によっては、他の車に乗っているときや歩行中の損害も補償されます。

自分の車以外で他の人に損害を与えても補償されるケースがあります。

以下に示す保険は、自分の車以外で生じた損害の補償に使えます。

これらの保険は、自分の車に搭乗中だけでなく生活面で広く使えます。

保険会社によっては、適用条件が変わることがあるので契約前によく確認して加入することが必要です。

 

人身傷害補償保険

事故での損害額は、過失の割合分の相当額が補償されるだけなので補償額が損害額に足りない場合があります。

人身傷害補償保険は、保険金の範囲内の制限がありますが過失に関係なく損害額が補償されます。

通常は相手先の補償の不足する分を補いますが、医療費など最初から自分の保険を使うこともできます。

下記に示すように補償対象が広い特徴があります。

 

自損事故保険

単独事故や加害者に自賠法上の責任追求ができない(例えば対向車線に侵入しての事故など)場合に損害を補償する保険です。

人身傷害補償保険と性格が似ているので、人身障害補償保険か自損事故保険のどちらかには加入を勧めます。

 

搭乗者傷害保険

契約者の車に搭乗中の事故の損害の一定額を補償します。

実際の損害でなく契約上の固定額がすぐ支払われるので便利です。

人身障害補償保険に加入している場合は、両方の保険金を受け取れます(人身障害補償保険は相手先の保険と相殺)。

 

無保険者傷害保険

加害者が任意保険に加入していない場合や保険金額が定額で十分な補償を受けられない(対人・対物は原則無制限なので通常は問題ありません)ときに補償されます。

過失相殺が適用されるので十分な補償に足りないケースもあり、過失に関係のない人身障害補償保険の方が広く補償されます。

 

個人賠償責任保険(特約)

自動車保険に個人賠償責任特約を付けると、運転者(自動車保険への加入者)だけでなく家族も自転車事故、日常生活のトラブルや偶然な事故で他人にケガをさせた場合、更には他人の所有物を壊した場合などに保障を受ける事ができます。

補償範囲は、人身障害補償保険と同じです。

自転車事故など補償範囲が広く、月額保険料は300円程度なので家族の多い家庭は非常に有効です。

 

幅広い補償

対人・対物賠償だけでは自分の損害を補償できないことがあります!!
人身障害補償保険と個人賠償責任保険(特約)は不可欠と言えます!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-20

2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH