保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険の活用ポイント > 【自分を守る保険】自損事故での補償

【自分を守る保険】自損事故での補償

自損事故

 

自損事故

自分で起こした事故なので他者から補償を受ることができません!!
任意保険に加入していると他者と自分も守ることができます!!

自損事故で自分や同乗者への補償

自損事故で相手先への補償は、自賠責保険と任意保険で補償されます。
自損事故の場合自賠責保険からは、補償が受けられません。

任意保険も一般的には、第三者の損害を補償するものですが、自損事故についても以下の保険を使い自分または同乗者の損害を補償できます。

 

自損事故保険

自損事故保険で支払われる保険金は被害の状況に応じて以下のようになっています。
保険金は保険会社により若干の違いがありますので、下記表は目安としてお考えください。

保険金の種類 支払い要件 保険金額(例)
死亡保険金 事故により死亡した場合に支払われます。
ただし、後遺障害保険金が支払われている場合は、死亡保険金額からその額を差し引いて支払われます。
1名につき1,500万円
後遺傷害保険金 事故による負傷で後遺障害が残ったときに後遺障害の程度に応じて支払われます。 1名につき
50~2,000万円
介護費用保険金 事故により後遺障害を被り介護を必要とする場合に、後遺障害保険金とは別に後遺障害の程度に応じて
支払われます。
1名につき200万円
医療保険金 事故による負傷で医師の治療を受けた場合に、日常生活または業務に従事することができる程度に治った
日までの治療日数に応じて支払われます。
入院6,000円、
通院4,000円
※1名あたり合計で100万円
が限度です

通常、人身傷害補償保険と補償する内容が同じで、自損事故保険でなく人身傷害補償保険でカバーされます。
自損事故保険は、人身傷害賠償保険に加入していない場合の最低限の補償です。
自損事故保険は、通常、対人賠償保険に自動的についてくる保険なので、自動車保険加入時に意識してこの保険を選ぶということはありません。

 

搭乗者傷害保険と人身傷害保険

人身傷害保険と搭乗者傷害保険は似ていますが以下の違いがあります。

事故の種類 人身傷害補償保険 搭乗者傷害保険
契約の自動車の搭乗中の事故 搭乗者全員 搭乗者全員
他人の車・バス・タクシーでの事故 被保険者と家族 なし
歩行中の自動車事故 被保険者と家族 なし

通常、人身傷害補償保険の方が搭乗者傷害保険よりも補償範囲が広いのでどちらかに加入する場合は、人身傷害補償保険が有利です。
搭乗者傷害保険は、損害保険の位置付けで保険金が早くそして人身傷害補償保険の補償とは別に支払われます。
補償を早く手厚くする場合に有利です。

 

車両保険

自損事故で破損した車の修理代やレッカー料など事故車両運搬費を補償してくれます。

事故車の修理費がその時点での時価を上回る場合は、時価が上限になります。

 

自分への補償

自損事故だけでなく責任のある事故は自分で守る必要があります!!
任意保険には相手先だけでなく自分を守る保険も複数あります!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH