保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険料を節約するコツ > 【自動車保険】トヨタとあいおい同和損保米国で保険会社設立

【自動車保険】トヨタとあいおい同和損保米国で保険会社設立

車内
 

新型保険

テレマティクス自動車保険の商品化を行う計画です!!
米国の保険会社への販売で国内での販売は未定です!!

 

自動車に搭載するセンサーで集めた膨大な運転データを分析し保険料に反映する「テレマティクス自動車保険」のサービスを2017年にも始める計画と発表しました。

設立する新保険会社は、トヨタの「つながるクルマ」のドライバーの了解を得て、スピードやブレーキの踏み方などの運転データを収集します。

 

テレマティクス自動車保険

テレマティクス自動車保険は、自動車にセンサーを取り付け、ブレーキやアクセルの踏み方などの運転情報を収集蓄積してドライバーが交通事故を起こすリスクを分析して保険料に反映させる保険です。

 

自動車保険料は、日本も米国も以下から計算しています。

このため若年層の保険料が高くなりやすくなります。

テレマティクス自動車保険は、安全運転の実績があれば若くても保険料が安くできると期待されます。

 

トヨタとあいおい同和損保の新会社の目的

今回、新会社は米国のドライバーに保険を販売するのではなく、テレマティクス自動車保険の保険料の計算方法のノウハウを提供して手数料を受け取るビジネスモデルを計画しているとのことです。

 

トヨタの「つながるクルマ」

2016年1月4日、トヨタは、通信回線を使ってネットに常時接続して情報を収集する「つながるクルマ」を増やしていく計画を発表しました。

現時点ではレクサスなどの高級車に搭載されていますが、今後大衆車にも広げていきます。

「つながるクルマ」は、以下の機能を持ちます。

2017年から米国で発売する新型車への搭載を増やしていく計画で、日本でも進める計画とのことです。

今回の米国での新保険会社の設立は、「つながるクルマ」の情報を保険料の計算に応用する計画と思われます。

 

常時接続

運転中は、いつでもセンターとつながり安心して運転できます!!
安全運転で事故を減らし保険料が安くなるメリットがあります!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH