事故情報
ホーム >>  事故情報 > 安全運転 > 高齢運転者や家族に優しい「見守るクルマの保険」

高齢運転者や家族に優しい「見守るクルマの保険」

Relaxed happy woman on summer travel vacation to the coast leaning out car sunroof with the sea on background.

高齢運転者事故

交通事故は減少しています!!
高齢者事故は増えています!!

 

以前の記事で運転力の診断をするアプリ【三井住友海上】スマホで運転力診断やスマホで安全運転診断を行い、その診断結果により保険料を割り引く【初めての自動車保険】スマホアプリで安全運転割引などを紹介してきました。

今回は、高齢運転者の「走行サポート」と運転傾向を評価する「(月間)運転レポート」を高齢運転者や家族に提供して、お互いに安全運転度合いが分かる「見守るクルマの保険」を紹介します。

この保険は、MS&ADインシュアランスグループの以下の2社から2018年1月から発売されます。

厚生労働省の資料によれば、65歳以上の4人に1人(862万人)は、認知症あるいは軽度認知症障害(MCI)患者です。
高齢ドライバーはアプリからのアラートで危険を検知し、レポートで運転状況を知り見直すことができます。
家族たちも、見守る高齢ドライバーの運転状況を把握でき、安全運転に寄与できそうです。

 

「見守るクルマの保険」の仕組み

この保険は、両社の自動車保険に「事故発生時の通知等に関する特約」セットしたもので、特約の保険料は月額300円、年額では3、480円でサービスを利用できます。
このサービスは、以下を行うことで利用できます。

テレマティクスは通信(テレコミュニケーション)と情報工学(インフォマティクス)を組合わせた造語です。
テレマティクス端末は、通信と情報処理の機能をもち自動車とデータセンターを無線で接続する端末です。
今回紹介するのは、スマホアプリを通じてセンターと運転者・専用のテレマティクス端末と情報のやりとりをします。
提供される主なサービスには、以下があります。

 

事故防止支援サービス

このサービスには、以下の機能があります。

■ 安全運転支援アラート

事故につながりやすい運転状況を検知するとドライバーにアラート通知をし、安全運転に役立てます。

■ 高速道路逆走注意アラート

実際に逆走が発生した高速道路のインターチェンジやサービスエリア等で逆走を検知した場合に、逆走の可能性があることを知らせます。

■ 指定区域外走行アラート

10km半径単位であらかじめ設定された区域外に出た場合にアラートで注意を促します。

 

万が一のときの事故緊急自動通報サービス

事故等により車載した専用端末が設定されている以上の衝撃を検知すると、以下が行われます。

 

安全運転診断サービス

このサービスには、以下の機能があります。

■ 運転レポート

1回の運転ごとに以下を評価してレポートを提供して運転傾向を振り返ることにより、改善につなげることができます。

■ 月間運転レポート

1ヶ月の運転レポートを総合的に分析した月間レポートをドライバーと見守り者に提供し、相互に安全運転度合いを確認できます。
主な項目には、以下があります。

 

見守るクルマの保険

運転状況等を診断し事故が起こると自動通報します!!
ドライバーと見守り者で相互に情報を共有できます!!

 


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH