TOP > 必要な保険や補償額一覧

車両保険の保障に関して調べてみましょう

自動車事故により、大切な自動車が壊れてしまった場合、修理費用にかなりの金額がかかります。このような車の損害を補償してくれるのが車両保険です。

新車で購入したときや中古車でも年式が新しく市場価格が高いときは、車両保険に入っておいた方がよいでしょう。
特に自動車ローンが残っている場合は、万一、自動車が廃車となってローンだけが残るということを避けるためにも入っておく価値はあります。

一方、補償されるのは、購入した時点での価格ではなく市場価格(時価)になることから、中古車で年式も古くて市場価格が低い車のときは、車両保険に入るかどうかは個人の価値観によって変わってきます。
市場価格が低いと全損の場合の保険金は少なくなりますが、修理には十数万円〜数十万円かかることがあることから保険なしで修理するのは大きな負担になり車両保険は必要になります。

保険料が高いと感じる場合は、免責額を付けると保険料を抑えることができます。
車両保険は他の補償の保険料に比べて高くなることから、よく考えて加入しましょう。

車両保険の補償
2017-04-19
【自動車盗難事故調査】プリウス3年連続最多被害

2015-12-14
【車両保険】車両保険に選べる特約の種類

2015-11-20
【車両保険】加入するのが良いだろうか

2015-08-25
【車両保険】事故で車の破損回復

2015-08-20
【故障への備え】自動車部品保険「パーツケア」

2015-08-18
【10月の自動車保険の改定】車両保険の新車補償が長く

2015-06-02
【任意保険】後遺障害の認定

2015-05-29
【任意保険】事故の資料を集め過失割合を確認

2015-05-28
【任意保険】賠償額を決める過失割合の決まり方

2015-03-16
【自動車保険の補償額】自動車事故で死亡の場合の損害額計算方法











2017-09-20

2017-09-12

2017-08-29

2017-08-23

2017-08-16

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH