自動車情報
ホーム >>  自動車情報 > エコカーと技術動向 > 【ホンダ】FCV(燃料電池)車「クラリティフューエルセル」を発売

【ホンダ】FCV(燃料電池)車「クラリティフューエルセル」を発売

自動車を紹介する女性
 

FCV車

ホンダが「クラリティフューエルセル」を発売しました!!
トヨタ「ミライ」に続いての燃料電池車の発売です!!

 

ホンダ「クラリティフューエルセル」

ホンダは、2015年の発売を予定していましたが、少し遅れて2016年3月10日に量産型燃料電池車「クラリティフューエルセル」を発売したと発表しました。

トヨタ「ミライ」は2014年12月発売です。

2車とも似た性能ですが下表に比較します。

項目 トヨタ「ミライ」 ホンダ「クラリティフューエルセル」
発売 2014年12月 2016年3月
税込価格 723万6,000円 766万円
定員 4名 5名
最高出力 113キロワット 130キロワット
走行距離 約650km 約750km
販売数 2月末で国内530台 初年国内200台を計画

ホンダ「クラリティフューエルセル」は、後発だけに少し価格は高いのですが性能は良いようです。

 

FCV車普及のキー

世界的に見れば米国カリフォルニア州ZEV(Zero Emission Vehicle)規制がありますが、実際の普及には水素ステーションの整備が必要になります。

水素ステーションの設置には5億円(土地代は別)程度かかると言われていて水素ステーションの設置はこれからです。

国や自治体は、FCV車の普及を支援する計画とトヨタ&ホンダのFCV車の発売、水素の供給も図られているので普及していくものと思われます。

また、販売価格は高いのですが、200万円の補助があり、同グレードの自動車の価格に近いので水素ステーションの設置が進めば普及は加速しそうです。

 

米国カリフォルニア州ZEV(Zero Emission Vehicle)規制

ZEV(Zero Emission Vehicle)規制は、カルフォルニア州で販売する自動車の一定割合は排出ガスのない自動車の販売を義務つけた規制です。

この条件を満たさないと罰金を支払うか基準を満たしている自動車会社から権利(クレジット)の購入が必要になります。

現時点ではハイブリッド(HV)車も規制に適合していますが、2018年に成るとHV車は規制外となり対応が必要になります。

 

FCV車

水素注入時間が短いこと走行距離が長いことで期待されています!!
高価格と水素ステーションの整備の解決が普及に期待されます!!


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH