保険の選び方
ホーム >>  保険の選び方 > 保険の知識 > 【自動車保険】自動運転にむけた特約

【自動車保険】自動運転にむけた特約

gray car on road over sunny day
 

自動運転

事故で発生した被害はどのように補償されるか不安があります!!
自動運転の事故を補償する自動車保険の新商品が発売されます!!

 

自動運転のレベル

自動運転の実現には、0〜5までのレベルがあります。

 

レベル1は、現在(2017年)発売している新車の多くに搭載されています。
現在はレベル2の状況にあり、レベル3が発売(アウディなど)されはじめたところです。
日本での自動運転は、公道での実証実験が行われているところです。

政府では、2020年の東京五輪の会場周辺で、自動運転のバスやタクシーを運行させ観客や選手の移動手段なることを目標とするロードマップを作成しています。

 

自動運転の意識調査

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、インターリスク総研は、自動運転車に対する意識調査を行っています。

自動運転に非常に期待する意見が多いいのですが、サイバー攻撃やシステムの不具合などで事故が発生したときの懸念が示されています。

■ 自動運転への期待

自動運転への期待には、以下があるそうです(期待の高い順で以下同様)

■ 自動運転の不安

自動運転への期待は不安には、以下があるそうです。

■ 自動車保険会社への期待

自動運転で自動車保険会社への期待には、以下があるそうです。

 

自動運転車向け新特約

MS&ADインシュアランスグループの「三井住友海上」と「あいおいニッセイ同和損保」は、来年(2018年)1月から自動車保険の特約新特約「不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約」を発売すると発表しました。
両社グループで実施した自動運転の意識調査で上位にランクしている方不安に対応しています。

この特約は、以下のケースで被保険者が負担した費用を補償する保険です。

 

「ドライバーに法律上の法律上の損害賠償責任がない」ことが条件になっています。
損害賠償責任があれば、この特約でなく自動車保険の対象になります。
損害賠償責任がないケースでは、製造物責任法(PL法)が対象になりますが、不正アクセスなどを証明できるかなどの問題があります。
自動運転でドライバーに法律上の損害賠償責任がないケースでも補償する保険が、自動運転時代には必要になります。

 

自動運転

これからのテーマで補償方法が求められます!!
このような保険は自動運転に必須になります!!

 


補償内容や同じ補償でも保険会社によって保険料が変わります!!
かんたんにあなたにぴったりの保険料を見積りましょう!!












2018-07-12

2018-06-21

2018-06-14

2018-05-24

2018-05-17

ソニー損保
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
おとなの自動車保険
損保ジャパン日本興亜
そんぽ24
あいおいニッセイ同和損保
AIU保険
朝日火災
アメリカンホームダイレクト
イーデザイン損保
富士火災
GENERALI
共栄火災
SAISON INSURANCE
セコム損保
東京海上日動
ZURICH